烏龍茶

烏龍茶

飲●伊藤園/2つの働き カテキン烏龍茶

たべものレビュー 伊藤園 2つの働き カテキン烏龍茶 種類が意外とある2つの働きシリーズ。 烏龍茶も緑茶と同じ茶葉ですが、 カテキン的な話を聞かないですね。 撮影日は2019年01月
烏龍茶

{飲}イオン/トップバリュ グリーンアイ オーガニック国産烏龍茶

たべものレビュー イオン トップバリュ グリーンアイ オーガニック国産烏龍茶 オーガニック。 グリーンアイシリーズらしいチョイスです。 撮影日は2016年06月
烏龍茶

{飲}イオン/トップバリュ ベストプライス 烏龍茶

たべものレビュー イオン トップバリュ ベストプライス 烏龍茶 プライベートブランドでおなじみ、烏龍茶。 果たして、味に違いはあるのでしょうか。 撮影日は2016年10月
烏龍茶

飲●ポッカサッポロ/にっぽん烏龍

たべものレビュー ポッカサッポロフード&ビバレッジ にっぽん烏龍 日本を掲げた烏龍茶は以前もありましたが、 あまり広まらなかったですね。 今回のにっぽん烏龍はどうなのでしょうか。 撮影日は2018年09月
烏龍茶

{飲}東洋新薬/エスセレクト 食事とともに烏龍茶

たべものレビュー 東洋新薬 スギ薬局 エスセレクト 食事とともに烏龍茶 スギグループの烏龍茶でございます。 トクホというのがうれしいですね。 撮影日は2016年01月
烏龍茶

{飲}富士キャニング/ジェイプライス 烏龍茶

たべものレビュー 富士キャニング ジェイプライス 烏龍茶 スギグループのプライベートブランドである、 JPRICEの製品でございます。 撮影日は2016年01月
烏龍茶

{飲}サントリー/サントリー 黒烏龍茶香るジャスミン

たべものレビュー サントリー食品インターナショナル サントリー 黒烏龍茶香るジャスミン なんか、普通に撮影に失敗しておりますが、 それ以上にウーロン茶とジャスミンという組み合わせでございます。 撮影日は2015年11月
烏龍茶

{飲}明和/烏龍茶

たべものレビュー 明和 烏龍茶 シンプルな烏龍茶でございます。 意外と違いがあるものなのです。 撮影日は2015年8月
烏龍茶

{飲}美山名水/美山名水 烏龍茶

たべものレビュー 美山名水 美山名水 烏龍茶 ちょっと聞き覚えのあるメーカーでございますが、 サラネ初登場でございます。 烏龍茶です。 撮影日は2017年10月
烏龍茶

{飲}朝日商事/Rising 烏龍茶(缶)

たべものレビュー 朝日商事 Rising 烏龍茶 以前、Risingの烏龍茶を紹介いたしましたが、 今回の烏龍茶はちょっと違うようです。 撮影日は2015年1月
烏龍茶

{飲}日新商事/MK CUSTOMER 濃い烏龍茶

たべものレビュー 日新商事/マツモトキヨシ MK CUSTOMER 濃い烏龍茶 黒烏龍茶ではなく、 濃い烏龍茶。 色々な烏龍茶もあるんですね。 撮影日は2014年12月
烏龍茶

{飲}朝日商事/Rising 烏龍茶

たべものレビュー 朝日商事 Rising 烏龍茶 朝日商事の烏龍茶 大昔に緑茶を紹介しましたが、 こういうものが得意なイメージですね 撮影日は2014年12月
烏龍茶

{飲}コカ・コーラ/煌 烏龍茶

たべものレビュー コカ・コーラカスタマーマーケティング 煌 烏龍茶 家に置いてあったシリーズでございますが、 非常に懐かしいです。 ファンって、まだあったんですねぇ。 撮影日は2017年07月
烏龍茶

{飲}キリンビバレッジ/からだ想い茶 食膳茶

たべものレビュー キリンビバレッジ Plus-i からだ想い茶 食膳茶 世の中、たくさんのお茶が発売されておりますが、 キリンが出した食膳茶。 聞きなれない名前でございますが、 果たして、定着するのでしょうか? 撮影日は2014年...
烏龍茶

{飲}神戸ビバレッジ/フェリーチェ 烏龍茶

たべものレビュー 神戸ビバレッジ フェリーチェ 烏龍茶 富永食品の関連会社、神戸ビバレッジのブランドであるフェリーチェ。 サラネでは一度、オレンジソーダを紹介したことがありましたが、 まさか、まだこのブランドが続いていたとは思いませんでした。 ...
烏龍茶

{飲}コカ・コーラ/日本の烏龍茶 つむぎ

たべものレビュー コカ・コーラカスタマーマーケティング 日本の烏龍茶 つむぎ つむぎ。 撮影当時、かなりよく宣伝しておりました。 日本の烏龍茶と銘打った製品。 どうなのでしょうか。 撮影日は2015年4月
烏龍茶

{食}ハルナビバレッジ/東方美人

たべものレビュー ハルナビバレッジ 東方美人 東方美人茶ではなく、東方美人。 台湾の烏龍茶でございます。
烏龍茶

{食}ハイピース/茘枝烏龍(ハイピースライチウーロン)

HiPEACE ライチウーロン 最近はだいぶキワモノ路線から外れたサラネでしたが、ここに来てようやくらしいものが来ましたね。 その名もライチウーロン、茘枝と書いてライチとは驚きです。 で、何故ライチと烏龍を混ぜてしまったのでしょうか。