[ゲカ]ナムコ/SFC:ザ・ブルークリスタルロッド

img710
新ゲームカタログ/スーパーファミコン用ソフト 12
ナムコ

THE BLUE CRYSTALROD

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はナムコのザブルークリスタルロッドです。
スーパーファミコンソフトです。
意外と知られていないドルアーガの塔の最終章です。
>プレイ記・第一夜


<スーパーファミコン本体
旧ゲームビュー(2003/12/13)
・関連作品:バビロニアンキャッスルサーガシリーズ
・< 11 ヨッシーアイランド13ダビスタIII>

img710
ドルアーガの塔シリーズと言うよりも、「バビロニアンキャッスルサーガ」の最終章といったほうが正解ですね。
そして、最終章かと思ったら、
2011年頃に「ドルアーガの迷宮」というソフトが出てるんですね。

当時は、
そんなことを全く知らずに遊んでいました。

img710b img714
ボロボロですね。
沢山遊びましたから。

img715 img716 img717
img718 img719
今までの作品紹介。

img720

ソフトデータ

ハード スーパーファミコン
メーカー ナムコ
発売日 1994年03月25日
価格 9800円
型番 SHVC-NU
移植・元ネタ 元ネタ:バビロニアンキャッスルサーガ:ギルガメスの道より
ジャンル アドベンチャー
備考 バックアップカートリッジ

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 6800円
プレイ状態 クリア済
難易度 3
入手難易度 4
面白さ 4
おすすめ度 3
クオリティ 4
サウンド 7
操作性 3
熱中度 3
移植度

今までのシリーズとはうってかわって、
アドベンチャーになっております。

マルチエンディングを採用しており、
その数はなんと48個!
それ故にゲーム自体は比較的早くクリア出来ます。

また、「死ぬ」という要素はなく、
とりあえず話を進めていけばエンディングにはたどり着けるようになっているわけですが、
ドルアーガの塔の後日談ということもあり、
その作品をプレイしていなければさっぱりな部分が多々ありますね。

また、スタッフによるメタ発言が非常に多く、
内輪ネタが多いというのも特徴です。
なんか、スタッフがすごく楽しそうに作ったという感じが伝わってきますね。
それとともに、序盤のある一文から開発もかなり難航していたようにも感じられます。
これについては、後にサラネのプレイルームで紹介するかもしれませんが・・・

どちらにしろ、サクッとクリアしたので、
プレイルームで紹介することになりそうです。

20130222-204403_124
とりあえず、今回は殆どオープニングデモです。

20130222-204408_285 20130222-204416_043 20130222-204418_286
ドルアーガの塔、
懐かしい!

20130222-204428_956
イシターの復活ですね。

20130222-204439_333
そしてカイの冒険。
旧ゲームレビューでは紹介したのですが、
カセットが何処かに行ってしまったようで、今捜索中です。
しかし、妙にプレミアが付いていること知り、愕然としています。
ひょっとしたらごっそり差し上げた中に混じってる可能性が・・・

20130222-204447_770 20130222-204451_092 20130222-204457_410 20130222-204508_019 20130222-204515_301 20130222-204519_405 20130222-204522_883
ということで、
最終エピソードのはじまりはじまり?

20130222-204526_373 20130222-204529_513 20130222-204535_933
セーブデータ。
なんか、バスの料金表みたいになってますね。
流石に全部のデータが消えていました。

カセット自体は起動が危うい状態ですし・・・

20130222-204545_934 20130222-204555_245 20130222-204559_749

20130222-204619_901

終始こんなかんじで進んでいきます。
BGMは往年のドルアーガシリーズのアレンジだったりするので、
名曲揃いです。



中古スーパーファミコンソフトザ ブルークリスタルロッド
駿河屋へ

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク