{メ}CAMEDIA C-1ZOOM

P1020633.JPG
OLYMPUS CAMEDIA C-1ZOOM
以前紹介したC-2ZOOMの前機種になりますね。
初めて購入したデジカメがC-2ZOOMだっただけに、この機種の期待も高まります。

OLYMPUS CAMEDIA C-1ZOOMは、2001年6月に発売された131万画素のデジタルカメラです。
購入価格は525円。
当時の価格は49,800円前後です。
メガピクセル機でズーム機構がついていながらこの価格という入門機ですね。
当時は専用のドレスアップシールなどが発売される位の迷走をしていたようですねw

・カタログスペック

1/3.2型の131万画素CCDで補色フィルター。
レンズは3倍ズームレンズで、F2.4-4.3の38-114mmでオートフォーカス。
OLYMPUS LENSを搭載。
C-2ZOOMと比べると、素子サイズは相変わらず小さいですが、
レンズが明るくていいですね。
Zuikoの刻印なコンデジがみたいですね。

液晶は1.5型TFTカラー液晶。
マクロは20cm、メディアはスマートメディア(3.3V、128MBまで対応)、駆動は単三乾電池2本及びCR-V3と、
オリンパス製デジカメではおなじみのマクロの弱さですね。
単三電池2本ということやスマメの最大容量まで使えるというメリットはありますが、
コレといったものが無いですね。

機能としては、
デジタルズーム、セルフタイマー程度ですね、
動画撮影は出来ませんね。

・購入時の状態
付属品:本体のみ
状態 :良好
機能 :良好
台数 :1台

・デザイン・メカ・インターフェイス
P1020634.JPG
P1020635.JPG
P1020636.JPG
P1020637.JPG
P1020638.JPG
P1020639.JPG
P1020640.JPG
P1020641.JPG
P1020642.JPG
P1020643.JPG
P1020644.JPG
P1020645.JPG
P1020646.JPG

デザイン的には悪くないというか、
往年のカプセルスタイルであり大きく見えますが割りと手に馴染む感じがいいですね。
デジカメと言うよりも、カメラはこうでなきゃ!というところですね。
レンズバリアーを開くとレンズがせり出し撮影可能になりますが、
C-2ZOOMと同じく、フラッシュがポップアップされまして、
電源を切る時はレンズバリアーを閉じますが、その際フラッシュは勝手に戻らないのが残念ですね。
毎回押し込まなければなりません。

全体的にコストダウンが進んでいるので質感はちょっと安っぽいわけですが、
その中でもだいぶ頑張ってる方ですね。
ボタン類は液晶表示ボタンとズームレバーが押しづらいです。
USB端子が独自形状なと、C-2ZOOMとだいぶ違う所もありますね。

欠点としては、
電池蓋のスライドが固いことと、
レンズバリアの立て付けが悪いのか本体の左側にスライドによる跡がついてしまうということですね。

・機能・仕様
起動は10秒程度とかなり遅いです。
やはりレンズがボトルネックのようで、ゆったりモッサリと出てきます。
駆動音は若干大きめですが、カメラらしくていいのではないでしょうか。
UIはプロトタイプな感じで、文字が大きく結構個性的。
正直、使い勝手は悪いです。
設定保持がついていないので毎回液晶はボタンを押さないとつきませんし、
フラッシュも毎回炊かれてしまって困ります。
液晶は非常に綺麗で外でも見やすいですが、
何故か枠のようなものが表示されてしまい1.5型の液晶が更に小さくなってしまいます。

電池のもちについては無償交換プログラムが出るような欠陥があったようですが、
この機種は大丈夫なようで、結構持ちますね。
勿論、エネループでということですがw

電池のもちは悪く無いですね。
・画質・撮影
●AF・挙動
AFはあまり早くないですが、いらいらするほどではないです。
マクロはやはり弱いというか20cmですからねw寄れません。
露出は結構アバウトなような感じもしますが、こんなもんでしょう。

●画質
画質に関しては、遠景は厳しいですが物撮りならOKという感じですね。
当時のオリンパス製デジカメではおなじみのちょっと黄色よりの写真になりますね。
光学性能が高く、この画素数なデジカメでありがちな等倍ではボロボロということもあまりなく、
エントリー機にしてはなかなかいい出来だと思います。
ただし、それも遠景には通用しませんねw
用途を限定すれば今でも充分に使えそうな一台です。

画像
「データは無圧縮です」
P3310035
ダイナミックレンジが狭いです。

冬の爪痕
こういう被写体は結構いけます。

P3310022

P3310038

その他の写真はこちらにございます。

評価
評価基準は私、さらもでの主観と個人的な思い入れで決定しております。
よって、上記内容と共に全くアテにならないこと請け合いで御座います。
画質などに関しては画素数に関係なく、「現在でも通用するか」を基準に採点しております。
(10段階、100点満点)
デザイン :05/10:見た目・質感・安っぽさは減点
仕様 :04/10:マクロ、画素数、レンズ、液晶など
機能 :04/10:必須機能や便利、面白い機能
挙動 :02/10:起動の速さ、動作の速さ等のレスポンス
使いやすさ :03/10:主に操作性
AF・露出精度 :04/10:AFは正確か、
画質 :04/10:文字通り
輝き度 :04/10:ありきたりではなく、尖った何かがあるか
価値 :03/10:レア度、今でも買う価値はあるか等
お気に入り度 :04/10:今後も使い続けたいかなど
合計:37/100
サラネ式デジカメ採点システムテーブルa ver1.00

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク