[ゲカ]イマジニア/GB:本将棋

img952
新ゲームカタログ/ゲームボーイ用ソフト 31
イマジニア

本将棋

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はイマジニアの本将棋です。
ゲームボーイのソフトです。

やはり、将棋ソフトは多いですね。


<ゲームボーイ本体シリーズ
・< 30 パイプドリーム32タイトーチェイスHQ>

img952

将棋は基本的に苦手なのです。
理由は、勝てないから。
その辺りの才能が全くない、悲しい人なのでございますよ。

さてさて、イマジニア、
そして、週刊将棋という雑誌のコラボ。
この組み合わせ、不安です。

img952a img953 img973 img974 img975 img976 img977
2人対戦中は1P権限があるようです。

ソフトデータ

ハード ゲームボーイ
メーカー イマジニア
発売日 1994年11月25日
価格 4980円
型番 DMG-AHSJ-JPN
移植・元ネタ
ジャンル 将棋
備考 スーパーゲームボーイ対応

評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 1000円
プレイ状態 プレイ済
難易度 4
入手難易度 5
面白さ 4
おすすめ度 3
クオリティ 4
サウンド 1
操作性 2
熱中度 3
移植度

ゲームボーイの将棋ということで、
相当設計がきつかったのだと思います。
そんな中でも、この本将棋は、
2つまで、棋譜を記録することが出来るなど、
面白い機能を備えているソフトです。

そして、また面白いところは、
2人プレイに対応しているのですが、
通信ケーブルには対応していません。
どういうことかというと、
スーパーゲームボーイを使用した場合にのみ、2人プレイをサポートするという方式なのですね。
スーパーゲームボーイって、そういう使い方もあるんですね。

しかし、肝心な将棋の方は、
自分でも勝利できるぐらいのCPUの弱さ。
それでいて致命的なのは、
CPUの思考時間がとにかく長い。
数回打っただけで1分近く悩みこむこともしばしばです。
しかも、1手毎に・・・

いくらスーパーゲームボーイ対応とはいえ、
ゲームボーイは外で遊ぶもの。
電池を食うマシンで待たせるというのは、なんともでございます。
まぁ、しかたがないといえば仕方がないですし、
2人プレイで遊ぶ分には問題のない将棋ソフトでございます。

20130303-112742_544 20130303-112750_720 20130303-112959_148
本将棋の文字が主張しているカラー画面。

20130303-113001_079 20130303-113004_275
色々選べるみたいですが、
よくわかりません。

20130303-113017_827 20130303-113030_271 20130303-113038_514

20130303-113015_107
20130303-113110_628
1手うつ毎に長考するCPU

20130303-113121_516 20130303-113123_333 20130303-113135_942

・・・


中古GBソフト本将棋
駿河屋へ

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク