[ゲカ]東芝EMI/FC:ディーヴァ ナーサティアの玉座

ファミリーコンピュータ

 

img250
新ゲームカタログ/ファミリーコンピュータ用ソフト 80
東芝EMI/T&E SOFT

DAIVA ナーサティアの玉座

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はTOEMILAND/T&Eソフトのディーヴァです。
ファミコンのソフトです。
壮大な作品でございますね。


<ファミリーコンピュータ各種
・<79 FFII |81>

img250

どうでもいいですが、
まさか、こんなに続くとは思っていませんでした。
本当は、ワンコインゲームスをメインコンテンツにする予定だったのです。

img250a

ソフトデータ

ハード ファミリーコンピュータ
メーカー 東芝EMI
T&ESOFT
発売日 1986年12月05日
価格 5500円
型番 FS-2004G(TFS-DV)
移植・元ネタ
ジャンル アクション
備考

 

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 92円
プレイ状態 プレイ済
難易度 7
入手難易度 3
面白さ 4
おすすめ度 5
クオリティ 6
サウンド 6
操作性 4
熱中度 5
移植度

全7作からなる壮大な作品群でございます。
こちらは第6章という位置づけですが、
何故か章により対応機種が違うので、
当時全部プレイするのは相当大変じゃなかったのかとおもいますね。

さて、このファミコン版は、
まずは宇宙船で惑星を探し、
入ると強制横スクロールのアクションステージが始まります。
中々ワクワクする展開でございますね。
但し、難易度がそこそこ高く、
そしてやることが意外と多いゲームですので、
好き嫌いがわかれるかもしれません。

20130316-002913_222
う〜ん、
うまくいかないですね。

20130316-002924_463 20130316-003622_113
パスワードが必須のようですが、
何も入れなければ最初から始まります。

20130316-003852_324
とりあえずは入門で

20130316-004202_129
とりあえず宇宙探索です。

20130316-004239_998
やたらとバグりますな。今回は。

20130316-004340_481 20130316-004424_863

20130316-004435_964 20130316-004444_773 20130316-004531_047
惑星に入ると横スクロールパートです。

20130316-004542_391 20130316-004555_621 20130316-004627_878 20130316-004653_052 20130316-004658_120
水にも入れます。

20130316-004704_623 20130316-004718_422
BOM

 


中古ファミコンソフトディーヴァ
駿河屋へ

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント

  1. 通りすがり より:

    このゲームをクリアするにはLEVEL 4 でプレイしなければならないと知り、諦めたことがあります。時間が経つと、敵の人工惑星が完成してゲームオーバーになるので、時々は様子を見て破壊しなければならない、という手間があったためです。二人で協力プレイも可能でしたが、それは無理でした。

  2. さらもで より:

    こんにちは、さらもででございます。
    こちらも昔のゲームらしい仕様ですねw
    自分が当時このゲームをプレイしていたら絶対に序盤で投げ出していたと思います。
    無論、今もですが・・・

  3. マイケル村田 より:

    たしか、ディーヴァのゲームブックと言えば、ストーリー1からストーリー7までのゲームブック形式のコミック版が発売されていましたが、ストーリーごとによって作画担当者や一部の設定が異なっている部分も存在していたりします。もう一方はケイブンシャから発売されていた「女戦士ミリスの挑戦」という作品は、「STORY6 ナーサティアの玉座」を題材にした作品であるものの、実際的には外伝的な作品として作られており、マータリ・シュバンの部下、ミリス・シャイナという美少女キャラが主人公だったかな…。しかし、T&EのディーヴァはPC-88、FM77AV、X1、MSX、MSX2、ファミコン、PC-9801VM/UV等のパソコンや家庭用ゲーム機等で発売されていたから、全7作部を揃えるのは当時としては敷居が高すぎるようなきも…(今だったら、ダウンロード版が配信されているのはせめてものの救いかも知れない)。

  4. さらもで より:

    今となっても非常に壮大な作品群ですよね。
    何故そうなったのかは謎ですが、
    当時全部そろえた方は相当なお金持ちの方だったのではないかと思います。
    ゲームブックも様々出ていたんですね。