[ゲカ]テクノスジャパン/SFC:くにおのおでん

img713a00
新ゲームカタログ/スーパーファミコン用ソフト 86
TECHNOS JAPAN

くにおのおでん

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はテクノスジャパンのくにおのおでんです。
スーパーファミコンのソフトです。
くにおくんシリーズご乱心ですね。


<スーパーファミコン本体
関連作品:くにおくんシリーズ
・< 85 スーパーファミスタ2|87>

img713a00
テトリス、ぷよぷよと、
兎にも角にも落ち物ゲーがもてはやされる時代がありました。
1994年頃はどのメーカーも本編そっちのけで、
キャラクターのみが使われた落ち物ゲームを発売しておりました。

このゲーム、
割とプレミアがついていたような気がしましたが、
そうでもなかったようです。

img713a01 img713a02 img713a03 img713a04

img713a07
何故か、DがOになっていますね。
メガCOはなんとなくわかるものの、
CD-ROMって。

img713a05 img713a06? img713a08 img713a09
なんと、
シングルCDが付属してくるのです。

img713a10 img713a11 img713a12 img713a13 img713a14 img713a15

ソフトデータ

ハード スーパーファミコン
メーカー テクノスジャパン
発売日 1994年05月27日
価格 7,245円
型番 SHVC-QO
移植・元ネタ
ジャンル パズル
備考

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 250円
プレイ状態 プレイ済
難易度 6
入手難易度 4
面白さ 5
おすすめ度 6
クオリティ 6
サウンド 6
操作性 4
熱中度 6
移植度

ストーリー的には、
文化祭で客がいない出店(おでん店)を救うという事で、
ひたすら食べるというもの。
くにおくんシリーズで出す必要はあったのかなかったのかはおいといて、
割と、戦略性の高いゲームではあります。

対戦モードでは、
くっつきルール、ちょくれつルールというものが選べるのですが、
何故か、統一ルールではなく、
対戦プレイの場合、それぞれ好きな方法が選べるという仕様です。

くっつきルールはいわゆるぷよぷよルールで、
4つくっつくと消えるもので、

ちょくれつルールは、
縦、横、斜めに3つつながると消えるというルールで、
根本的に違うゲームになりますね。

おじゃまぷよに当たるものが串だったりと、
なかなか工夫をこらしているゲームだと思います。

20130502-175226_737 20130502-175227_938
タイトルがビヨンビヨンと動きます。

20130502-175229_474 20130502-175232_372 20130502-175251_638 20130502-175255_730
おまけモードはサウンドテスト

20130502-175300_939 20130502-175306_652 20130502-175318_620 20130502-175328_538 20130502-175332_762 20130502-175335_713
さあ、
勝負です。

20130502-175337_277
ヒントをつけると、
オススメの落下地点を表示してくれます。

20130502-175347_892 20130502-175357_170
くっつきルールでは、
4つ以上くっつくと消えます。

20130502-175359_747 20130502-175402_661
そうすると、
相手に串が刺さります。

20130502-175411_521 20130502-175421_543 20130502-175507_848 20130502-175518_192 20130502-175521_515
とりあえず、初戦は勝利。

20130502-175527_251 20130502-175532_784
続いては、
直列ルールでせめて見ます。

20130502-175545_625
縦、横、斜めに3つ揃わないと消えませんが、
斜めに消えるのが中々便利。
このシステムを採用しているゲームもたくさんありましたが、
結局、淘汰されてしまったシステムでもあります。

20130502-175604_898 20130502-175623_334 20130502-175627_044
まけちった

20130502-175631_458 20130502-175635_647 20130502-175642_338

中古スーパーファミコンソフトくにおのおでん
駿河屋へ


執筆日:2013/5/2

スポンサーリンク