[ゲカ]SCE/PS1:アークザラッド

img605
新ゲームカタログ/PS1 2
ソニー・コンピュータエンタテインメント

アークザラッド

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はSCEのArc The Ladです。
プレステのソフトです。

光と音のRPG。
そして、プレステ初のRPGとして、
今でもファンが多い作品なのでしょうか。

>プレイ記・第一夜


・<プレイステーション本体
・<1 クラッシュ・バンディクー23 IQ>

img605
個人的にはあまりいい思い出のないゲームでございます。
理由は恐らく、そのうち公表する事になると思いますが。
そのため、ジャケットが傾いているという事にしておいてください。
img607 img610 img611 img612 img613 img614 img615 img616 img617 img618 img619 img620 img621 img622 img623

ソフトデータ

ハード プレイステーション本体
メーカー ソニー・コンピュータエンタテインメント
ジークラフト
ディスク枚数 1枚組
発売日 1997年12月18日
価格 5,800円
型番 SCPS 10008
移植・元ネタ
ジャンル シミュレーションRPG
メモリーカード 3ブロック
備考 メモリーカード対応(3ブロック)
ゲームアーカイブス配信作品(2013年7月22日現在)

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 5800円
プレイ状態 プレイ済
難易度 7
入手難易度 3
面白さ 5
おすすめ度 5
クオリティ 4
サウンド 7
操作性 3
熱中度 4
移植度

SCEが満を持して送り出したシミュレーションRPGでございます。
初代プレステで3作出した、代表的なRPGでございますが、
初代の評価は正直、微妙です。
戦闘パートは面白いものの、
ゲームのテンポが非常に悪く、
割と投げっぱなしな部分もあり、
プレステ初期と言う事もあり、
試作というか、模索というか、
そういう部分を感じるゲームだと思います。

ただでさえ読み込みが遅いのに、
毎回エフェクトなり演出なりを見なければならないイライラ。
そして、手に入るアイテムの出現条件がかなり厳しかったり、
RPGでありながら、自由に行動できる部分は少なく、
お店や通貨という概念がなかったり、
突然お話が終わったりなどなど。
また、戦闘バランスもお世辞にもいいとは言えないのですが、
クリアすると、続編へデータをコンバートすることが出来るという点が、
画期的な部分なのでしょう。

そのうち、プレイルームでやるようですね。

20130722-191449_191 20130722-191457_434 20130722-191502_213
意外とシンプルなタイトル画面

20130722-191624_719 20130722-191640_838 20130722-191702_449

最初からやります。
20130722-191720_429 20130722-191725_229 20130722-191734_022 20130722-191747_906
そそのかされて封印を解くというお話

20130722-191753_903 20130722-191809_894 20130722-203616_405 20130722-203932_311
封印を解いてしまって大変なことに?

20130722-203949_833 20130722-203953_740 20130722-204018_357 20130722-204043_090 20130722-204100_803

何かが起こりそうですね。



中古PSソフトアークザラッド
駿河屋へ

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク