[経]A列車で行こう7:温泉郷からリゾート都市へ:攻略9日目

[warning]この記事は、経営シム.comにて2008年1月2日に掲載されたものです。
記載のない限り構成や記事等は掲載当時の状態となります。ご了承ください。
[/warning]


攻略9日目


新年、明けましておめでとうございます。
新年になっても何一つ変わらない経営シム.comですが、なにとぞよろしくお願いいたします。
さて、前回左半分の線路の敷設が終わりました。
現在資材搬入中でありますが、地下開発のために資金を使ってしまったこと、
あと搬入に時間がかかることから先に車両のダイヤ設定を済ませておくことにします。

一番上(各駅停車)が205系の埼京線色。
真ん中(快速)が211系(宇都宮、高崎、東海道線)
そして単線がキハ40系(首都圏色)
ダイヤ設定自体は非常にお手軽で、各駅については上野ー大森間を8時発にしただけ。
ほかの駅はそれらしい時間に到着してくれるので特に問題はないみたいです。
211系は大森、上野を6時発。
あと東京のホームを4つに増幅し、そこで1番線を6時発、4番線を4:10分発に。
キハ40系の駅については面倒くさいので終点だけ名前をつけて起きます。
リゾート風ということで草津とでもしておきましょう。
で、大森を8時、次の駅の一番線(下り)を到着待ち、次の駅が8時発、そして草津が各駅停車って感じです。
そして、資材は草津だけに設置し、真ん中の2駅はひたすら農村っぽい物体を置いていくことにします。

と、書いているうちに資材がいっぱいになってきたのでそろそろ建物を建てていくことにします。

工業系の建物は資材をものすごく消費するので最充填の合間に草津ー大森間の開発。
実は、農業をあげていくにはこうするしかなく途中で挫折する。
あとはコンピューターに任せることにする。

東京駅
劇場ばっかりで気持ち悪くなりました。
東京タワーと増上寺だけ微妙に再現

品川駅
海から離れてるのにコンビナートというへんな光景が・・・

ここにきてだいぶグラフも変化しました。
ということで、あとはコンピューターに任せて進めていくことにします。

スポンサーリンク