[ゲ]Civ5gak モンテスマ 第二夜

Sid Meier’s Civilization V /Gods & Kings
モンテスマ 第二夜

前回に引き続き、攻略をしていきます。
とはいえ、第一夜は大して進んでいませんが・・・

<第一夜 | 第三夜


15T
文化力が貯まり社会制度を選択できるようになったので、
「解放」を選択。
いつもは蛮族対策で名誉を選んでいるのですが、
モンテスマは最初から敵を倒すと文化がもらえるので、
毎ターン文化のもらえる解放を選びました。拡張志向のお供なのです。

ちなみに、無印とは違い、
開拓者出現が遠くなったのが残念です。

テクノロジーは石工術の研究を完了したので、
せっかく陶器がタダでもらえたため筆記を狙いに行きます。
アレクサンドリア図書館を建てるためなのですが、果たして取れるのかしら。

テノチティタランでモニュメントの建造が終わったので、
ひとまずジャガー戦士を生産した後、いよいよピラミッド建造に着手です。

また、17Tにまた遺跡で武器を見つけ、
斥候が弓兵に進化してます。これは美味しい。

22T
ようやくフランスの領土を発見。
なかなか良さそうな立地ですね。
というか、今槍兵のいる辺りに都市を建てたいところです。


それにしても、この広大な土地をどうしよう。
このままだとナポレオンが北上してくるのは確実ですし、なるべく早く都市を埋め尽くしたい。
幸い、幸福資源が多めにあるので、都市を増やすのも問題無さそうです。

とりあえず、シドンに取られる前にウルルを奪いに行きましょうかね?
それにしても、蛮族すら出てこないのは平和すぎやしませんか?


23T
早くも次の社会制度です。
遺産をたくさん建造したいので共和制をゲット。


25T、中国の武則天と遭遇。
態度は中立。
AIだとそうでもないですが、自文明だとなかなか強いです。


ランキングをよく見ると、
首位から2位にランクダウンしていました。
まぁ、都市も1つだけですし、仕方がないです。
この付近の土地もだいぶ分かって来ましたが、
このブロックはフランスとアステカ以外なにもないようです。
良い感じに隔離されています。


31T
中国から大使館設置のお願い。
ということは、中国はすでに筆記を持っているという事ですね。
ちなみに、こちらは次のターンで筆記が終わってただいま暦を研究中です。


ふと、外交情報を見たらフランスの態度が警戒状態になっていました。
しかも、首都を欲しがっているようです。
こんなに土地が余っているのに・・・

なお、広大な土地が広がっている原因は、
フランスは中国たちのいると思われる領域をつなぐ細い土地に都市を建てているため、
他の文明が都市を建て辛くなっているという事のようです。

逆に言えば、フランスは邪魔なのです。
相手も侵略しようとしているようだし、よし、滅亡させよう。


37Tに暦が終わり、青銅器を研究することに。
そして38T、次の社会制度に直接民主制を選択。
開拓者が出てきました。


41T
さっそくウルルに都市を建てよう。
その後で首都との間に都市を建てようかなと思っていたら、蛮族が湧いた・・・。
なんという運の悪さ。
開拓者を退避させ、ジャガー戦士を購入し蛮族退治に向かわせる。


45T
ついにピラミッドが完成。
労働者が2体出てきたわけですが、
そのせいで赤字になり、財政破綻。さあどうしたものか。


中国さんと友好宣言。
末永くよろしく出来ればいいですね。


労働者を幸福資源の改善に向かわせる。
次の生産物は開拓者。
せっかく直接民主制を選択したんだから、作らなきゃもったいないよね。
・・・で、さっき出てきた開拓者はどこにいった?

ということで、今回はこの辺で失礼します。


Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク