{メ}PENTAX/HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited/PENTAX Kマウント

デジカメレビュー
ペンタックス

HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limited
PENTAX Kマウント

PENTAXユーザーにおいては極めて評判の高い、
35mmマクロレンズでございます。
何気にサラネ初のLimitedレンズじゃないですか。

[warning]※今シリーズの内容は個人的な見解でございます。[/warning]

PENTAX HD PENTAX-DA 35mmF2.8 Macro Limitedは、
2013年09月に発売されたPENTAX Kマウント用のレンズです。
家電量販店の販売価格は50,060円でございます。

SMCコーティングからHDコーティングにリニューアルしたレンズでございます。
旧型との違いは、円形絞りになった点とコーティングではございますが、
基本設計は特に変わらないようでございますね。
なお、旧型はトキナーの同スペックレンズのOEMとの噂でございました。

自分としては、
マクロレンズはもっぱら昆虫というところもあり、
標準域のマクロレンズでは距離が短く、
あまり食指の動かないレンズでございます。


 

■カタログスペック

■仕様 vl1.1
焦点距離 35mm
35mm換算値 53.5mm相当
開放F値 F2.8
絞り羽根数 9枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.139m
最大撮影倍率 1倍
レンズ構成 8群9枚
フィルター経 49mm
フルサイズ対応 x
超音波モーター x
手ぶれ補正 x
防塵防滴設計 x
フルタイムマニュアル
マクロレンズとしては、
特に特筆する部分はないといえばないですが、
インナーフォーカスではなく、今時めずらしい繰り出し式でございますので、
マクロレンズ本来の姿となっております。

■デザイン・メカ・インターフェイス

とにかく、小型軽量ということではないでしょうか。
あえてインナーフォーカスにしない事によってコンパクトな設計となっております。
質感に関しては悪くないですが、
他のLimitedレンズと比べると重量が軽いせいか、
そこまでの高級感はない感じではございますね。

伸ばすとこんな感じですね。

コーティングが綺麗でございます。

輝かしいLimitedの文字 

ベトナム製でございます。 

ボディにつけるとかっこいい 

■画質・撮影

AFについては、
あまり早くないですね。
特に、近接撮影においては役に立たないレベルに合いません。
ボディーのせいなのかレンズのせいなのかはあれですが、
AF付きはじめのマクロレンズに毛が生えたレベルの印象でございました。
繰り出し式であるため、
ワーキングディスタンスが極端に短いので、
昆虫の撮影は結構神経を使いますね。
蜂の撮影などは二度としたくないです。

ただ、しっかりとピントが合った時には、
驚異的な解像力を叩き出しますし、
スナップや風景撮影など、
単焦点レンズとして使用する分には非常にいいレンズだと思います。

HDコーティングの恩恵をしっかりと受けており、
コントラストが高くクリアな描写でございまして、
解像力も高いです。
人気があるのもよく分かるレンズでございました。

画像

作例はPENTAX KPとの組み合わせで行っています。


執筆日:2017/05/13
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク