[日]旅行まとめ:2019年01/09-01/11日/はじめての松山・道後温泉/2日目

この記事は約5分で読めます。

LUMIX DMC-CM1

2019年01/09-01/11日
はじめての松山・道後温泉

夕食よりも朝食の方が豪華というのは、
ビジネスホテルあるあるでございます。
舟盛りはないですが、サーモンのカルパッチョはありました。

朝食もまた、美味しいのでございます。


その時も、
満足というツイートをしておりますが、
賞味期限がちょっと切れているという体験をしました。
翌日はしっかりと賞味期限に余裕があるもので一安心でしたが。

さて、
食事を済ませたわけですが、
どこに行くかは全く考えておりませんでした。
今治にいくか宇和島に行くか。
とりあえず、JR松山駅に行く予定ではありました。
ついたときに出る時間で決めてしまってもいいかなーぐらいな感じで出発したのでございます。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

この日もレトロな市内電車が来ます。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

こちらがJR松山駅。
なかなか豪華な佇まいでございまして、
右側の緑色の部分にはダイソーが入っております。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

はてさて、
どこに行こうかという悩みでございますが、
結論、この2量編成の車両に乗ることにしました。
特急宇和海。

目的地は内子。
あまり印象がなかったのですが、
行ったら意外と楽しいのかな?
と思い。

なお、結構な距離がありますが、
特急で30分という、
なかなかの近さでございます。
だいたい、東急東横線で渋谷から元町・中華街駅ぐらいの時間でございます。

1時間に1本という本数。
2量編成というローカル線ですが、
スピードは異常に早く、
あっという間に着いてしまいました。

 

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

さて、
こちらが内子駅。
・・・あれ?やっちまったか?

内子の売りはレトロな町並み。
かつては木蝋生産で一財を成し、
明治時代ぐらいまでは非常に潤った街だったようです。
確かに、随所に豪華さを感じます。

 

SONY α7 II+SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 EX DG ASPHERICAL

イマイチピンとこないなーと思って、
施設入場券を買って入ったこちら。
中に入ってすぐ、ここ有名なところだとわかりました。
内子座。

LUMIX DMC-CM1

お昼ご飯は内子そば。
内子そばって有名なのかな?と思いましたが、
このお店の建物も非常に立派でございました。
そして、何よりこのクオリティーで1560円と、
割とお買い得価格でございます。
お蕎麦はつややかで、
ちょっと太麺でコシが強く、
つゆはほんのり辛め。
天ぷらは予めつゆがかかっておりますが、
とても美味しく、煮物もとても美味しゅうございました。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

続いて、
商いと暮らし博物館へ。
最初、いくら呼んでも誰も来ず、
腹ごしらえを済ませても同じ状態でございました。
置いてあるベルをひたすら鳴らしていたら、
受付の人がいらしてようやく入場できましたね。

外国人と間違えられた以外は問題ないですが、
展示に関しては、ちょっと痛みが激しいのと、
センサーの電源が一部切れていたり、
逆に反応が良すぎてずっと喋り続けていたり、
痛みの激しい展示にデカデカと資産シールがたくさん貼ってあったりと、
ちょっと残念な部分もありました。面白かったですけどね。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

内子のまちをさまよい歩きます。
途中、なかなかおもしろいお店があったりしましたが、
あまり撮影はしておりません。

続いて、木蝋資料館上芳我邸に行きました。
こちらはなかなかおもしろく、
ついつい長居しておりましたが、
郵便貯金の補助で作った建物がいかにも平成初期という感じで良かったですね。
無駄に豪華でハイテクという建物。
無駄に床暖房というところもそうですが、
あるあるなのが。

コンピューターの老朽化が著しいこと。
調整中になってから久しそうな状態ですが、
トランセンドのCFかなにかを突っ込んでいるようですね。

検索端末はことごとく古い。
1周まわって、
残すべき遺産でございます。

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

その当時の豪華でハイテクな機器たちでございますので、
映像コーナーもプラズマテレビでございます。
「焼付き防止の為無音の映像が流れています」
と書いてあるのに、
マウスポインタがここで固定している設定になっているものだから、
焼き付いてしまっております。かなしい。

そんなこんなで意外と内子を堪能したのですが、
無事、松山に戻ってきました。 

Nikon Z7+NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

あまり鉄道に関しては詳しくはないですが、
ここは、珍しい鉄道線の平面交差でございます。
市内電車と郊外電車のクロスという、
渋いですね。

LUMIX DMC-CM1

ということで、
この日の夕食も舟盛りはなし。
しかし、中華と揚げ物というラインナップは変わらず、
ただ、品目は違いました。

LUMIX DMC-CM1

サービス品はなすでした。 

LUMIX DMC-CM1

そういえば、
この旅でしっかりしたみかんを食べたのは、
このときぐらいでございました。


執筆日:2019/01/17

コメント

  1. 一般家庭で使いそうな皿と宿らしいお櫃のミスマッチ

  2. さらもで より:

    ビジネスホテルらしいといえばらしいですね。
    このチープさもなかなか気に入っております。