{日}突然の別れ

在りし日のα300
かなりお気に入りのデジタル一眼だったα300ですが、
ある日突然帰らぬ機種となってしまいました。

ある日の朝、
天気のいい日だったので、空が気持ちよく撮れるα300を持って行こうと朝から準備をしておりました。
α300をかばんにつめ込み、仕事に行く準備が無事完了してさあ出かけようというとき、
「はて、コンパクトフラッシュは装着したっけ?」
と、心配になったのでかばんから出したときに異変に気づきました。

DSC_0192

DSC_0193
・・・?

まさかと思い電源を入れてみると、信じられない光景が広がってました。

DSC_0198
ギヤー!!

液晶が・・・割れた・・・
しかもなんか真っ白になってるっ!

部分的に映っているならまだしも、液晶全体が死んでしまったわけです。
5分前はなんともなかったのに、
かばんに入れただけなのに、
とくに落としたわけでもぶつけたわけでもないのに・・・

この光景はまさに、地獄でございました。

DSC_0199
ええ、見事に割れてますね。

その時は気づかなかったのですが、
原因はかばんの中に入っていたこの子がカメラケースから飛び出ていた為、
α300をしまったときに丁度角が液晶にぶつかってしまったようです。
元々あんまり衝撃に強い液晶ではないのですが、悲しいです。

我が愛機。
賛否両論ありますが、個人的にはα300はソニー製デジタル一眼レフでは最高峰の出来だと思っているので(除くα700/900)、
出来ればこのまま使ってあげたい。
使い勝手も、UIも、お散歩カメラとしてはこれ以上にないほど素晴らしい出来ですから。

というわけで、仕事の休憩時間を利用して量販店で修理出しをしたワケですが、
「修理に3万以上かかるっすねー」
と言われてしまったので断念。
流石に本体よりも高い修理をするのはためらわれてしまいます。

αマウントのレンズは使いたいのでどうにかしないとなりませんが、
さようなら、α300。
一年間お疲れさまでした。

そして、持ち運ぶときはちゃんとカメラバッグを使おうと心に決めました。


Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク