[メ]EPSON/WristableGPS SF-510T /GPSウォッチ

P9260001
◆GPSウォッチ◆

セイコーエプソン
WristableGPS SF-510T

GPSの計測を初めて1年半、
GPSロガーもついに3代目になりました。
ちょっといいものを使ってみたいという事で購入しましたが、
果たして性能はいかに?


P9260002

■概要・購入の経緯

セイコーエプソンのSF-510Tは2013年11月に発売されたGPSウォッチでございます。
エプソン的にはGPSスポーツモニターという感じでございます。
購入価格は2万5千円台と、
そんなに安くはないです。

ちょっと時計もくたびれてきたし、
GPSロガーを首にぶら下げているのはちょっと邪魔なときもあるので、
一体型がいいかなーと思ったのでございます。

そして、GPSロガー自体安いものはどれも耐久性がそれなりで、
寿命を迎えたような感じだったので購入を決意。
というところでございます。

ちょうど有給休暇ということもあり、
結構いいテストも出来そうだなーということで、
ちょうどいい頃合いが重なったというのもあります。

■内容物

入っているのはシンプルにこれだけ。
時計本体と、クレードルでございます。
クレードルに差し込むと充電やデータ転送ができますが、
ACアダプタすら付属しておらず、
普通のUSB電源を使用します。
P9260004

■中身はこんな感じ

P9260005

他のGPSロガーが結構仰々しかったり、
大きい中、これは結構シンプルなデザインで小さいです。
オレンジのラインがおしゃれですが、
ギリギリ、私の職場でも使用できるかな。ぐらいのデザインでございます。

P9260007

誇らしきエプソンの文字。
P9260008

ボタンが4つで、
クレードルの端子はここについております。 P9260009 P9260011

背面はオレンジ色です。
電池交換は修理扱いになりそうですね。 P9260012 P9260013

■仕様とUI

詳細仕様に関してはメーカーサイトなりをご覧いただくとして、
エプソンのGPSウォッチのラインナップは購入時は6機種。
この機種はその中で丁度真ん中ぐらいでございます。

どれも防水仕様ですし、
GPSロガーとして使うこともできます。

自分が使用する用途では別に下位モデルでも問題がなかったのですが、
このモデルはGPSロガー時での駆動時間が30時間という、
脅威の長時間駆動が可能ということで購入しました。
下位機種や競合他社ですとせいぜい10時間ですので、
いざというときに安心でございます。

なお、時計として使用すると20日ほど持つようです。
これより上位になるとHRセンサーが入っていたり、
位置を測位したりするとヴァイブレーションが作動するなど、
結構良い機能がついていますが価格がどんどん高くなりますから、仕方がありません。

P9260015

液晶は結構綺麗でございます。
操作に関しては、結構難解ですが慣れるとそこそこわかりやすいです。
ただ、ボタンの押し心地が悪く、
ランやウォーク・バイクなど、
モードを頻繁に選択するところもすぐに変えられなかったりするのが不満です。
後、ログを消すときに全消去や選択消去がないので1個ずつ消していくのも面倒くさい。 P9260016 P9260017 P9260018 P9260019 P9260020 P9260022 P9260023 P9260024 P9260025 P9260026 P9260027 P9260028 P9260029 P9260030 P9260031

■GPSロガーとしては

なお、GPSの測位に関して。

実は一度点検に出しているのですが、
点検に出してからかなり遅くなった印象があります。
120秒間で測位が出来ないとトライするか諦めるか聞かれますが、
修理前は60秒以内、
修理後は300秒ぐらいかかります。
最も、晴れている日で出来るだけ広大な土地の真ん中などでやる分には60秒以内で測位できますが。

今まで使ったGPSロガーの中でも、
測位できるときは早いのですが、
出来ない時はとことん出来ない。という印象でございます。

なお、エプソン公式では、
「ストライド調整」というものを推奨しており、
ウォークのモードにしてだいたい30分ぐらい歩き続けると学習してくれます。
GPSが拾えないところや、拾いにくいところも精度よく測位してくれるという触れ込みですが、
ウォークモードでしか作動しないので、
バイクモードなどで使えるかどうかはわかりません。

ただ、使用して思ったのは、
ウォークモードだと精度はいいですが、GPSの測位はシビアです。
なかなか測位が終わらない上に、
電車の中では窓際をキープしないとうまく信号を拾えません。
ちょっと中に入ったり、開けていないところを走行していると全くダメな印象ですね。

それにひかえ、バイクモードですとまんべんなく拾えている感じがしますが、
基本的にはGPS測位は止まっている時にやるべきです。

P9260032

これがロガーモードの画面。
黒背景の時は待機モードですが、
これは設定で変更が出来ます。 P9260033 P9260034

画面を切り替えることにより色々な数値を表示することができますが、
このレイアウトや表示する内容も割りと自由に変更することが出来ます。 P9260035 P9260036 P9260037 P9260038

結構色々とデータが残る感じです。
これはパソコンやスマートフォンと接続することにより、
ネット上に送信されます。
そこからロガーのファイルをダウンロードするという仕組みでございます。 P9260039 P9260040 P9260041 P9260042

■使ってみての感想

上記でも触れていますが、
GPSロガーとして使うと若干クセがあるような気がします。
精度に関しては今まで使用していたGT-101のほうが上ですね。

一度自分が点検を出した理由としては、
地下などに入って、ちょっと離れたところから出ると、
GPSが測位状態にはなるものの、
それから何時間たってもログを取らないというもので、
メーカーに修理に出したものの、結果は仕様ということでした。
その際、ストライド調整が不十分という事で、
ウォークモードでしばらく歩いてみましたが、
確かに、それで数分たってから記録が再開できるぐらいにはなりましたね。
一応、ストライドが作動しないバイクモードなどでも反映はされるようです。

とはいいつつ、
結構不満が無いぐらい計測はしてくれますし、
電波状況のいいところでは結構正確にだしてくれます。
PA140356

新幹線の中でしようしてみた。
ちゃんと280キロを計測できています。

色々と不満点はあるものの、
個人的には大満足の買い物でございました。

メーカー セイコーエプソン
購入場所 インターネット
購入年月日 2015年
JANコード  4988617181458
原産国 中国
価格 25480円


スポンサーリンク