[ゲハ]ニチガン プレイステーション:メモリーキング 30ブロック クリアグリーン

DSC_6292
ニチガン

PlayStation
メモリーキング 30ブロック
(メモリーカード)

サードパーティ製メモリーカードでも有名な部類に入るのが、
この、メモリーキングでございます。
素性はよく分からないものですが、
一体、どんなカードなのでしょうか?


DSC_6292
発売時期は不明、当時の販売価格は1470円。
プレイステーション時代、
メモリーカードは、基本的に高くても純正を買うというスタンスでした。
なぜなら、こういった非純正のメモリーカードはよく消えるというウワサを聞いたからです。
当時としては、セーブデータとは命そのもの、
大切なデータは守る必要があったためです。

サードパーティ業界も、
そのイメージを払拭させるための努力は正直、感じられませんでしたが、
純正品よりも付加価値をつけたり、
価格を下げた物が多く見られました。
このメモリーキングもその中の一つで、
メモリーカードよりも値段は安い上に、
ブロック数を15ブロックから30ブロックに引き上げたという、
わりかし無理矢理感の強い付加価値をつけました。

但し、純正と考えると、
メモリーカード1枚分に満たない価格で2枚手に入るという事で、
かなりインパクトは強かったとおもいますね。

ただし、プレイステーション自体に、
30ブロックのメモリーカードを管理する機能はないので、
カードに付いているスイッチを押して、
15ブロックずつ切り替えるという、
これまた強引な仕様でございます。

余談ですが、
このニチガンというメーカー、
調べてみると、木製玩具のメーカーにたどり着いたのですが、
多分、同じ名称の違う会社ですよね。
後に、メモリーキング2からはフジワークになっているのですが、
まぁ、どうでもいいでしょう。

DSC_6294
背面です。
winbound製のチップが確認できます。

DSC_6295
メモリーキング 30ブロック。
その下部にあるのが切り替えスイッチです。

DSC_6297
LEDランプ付き。

DSC_6298


Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク