{写}ハイキョノビガク/栃木県日光市鬼怒川/鬼怒川観光ホテル東館

DSC_5279

サラネフォトDeep
ハイキョノビガク

鬼怒川観光ホテル東館

(栃木県日光市)

撮影:2014年8月27、28日

DSC_5279

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

廃墟が多い鬼怒川でございますが、
高度経済成長期とバブルの頃の団体旅行が減少しているのでしかたがないとは思います。
その中でも、この鬼怒川観光ホテル東館一帯は廃墟の山でございます。

なお、鬼怒川観光ホテル。
親会社の岡部ホテルグループが経営しておりましたが、
倒産し大江戸温泉物語傘下に。
鬼怒川のニュー岡部はホテル三日月になり、
鬼怒川観光ホテルの別館(いわゆる本館)は現在も営業を続けておりますが、
何故か東館は荒廃した廃墟になっております。

調べる所によると、
かつて東武鉄道の鬼怒川駅はこの東館の前にあったようで、
老舗ホテルの廃墟がこの辺りに密集している理由がなんとなくわかりました。

DSC_5278

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

DSC_5282

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

見た目はそこまで傷んでなく、
正直あまり廃墟感はないです。
そんなに古い物件でもなさそうなのですが。

DSC_5285

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

入り口に酒樽が置いてある辺りが廃墟っぽい感じです。
ちなみに、ドア開いてますが大丈夫なんでしょうか?

DSC_5288

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

DSC_5289

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

東館という名前の割にはやたらと規模が大きいです。
勿体無いです。

DSC_5294

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

看板は反対から見るとだいぶ傷んでおりました。

DSC_5317

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

ここから見ても大きさがわかります。

なお、
奥にある緑と紫の屋根があるのが鬼怒川観光ホテル別館でございます。

DSC_5624

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

反対側から。

DSC_5628

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

窓ガラスがだいぶ割れてていますし、
植物の生い茂り方が廃墟っぽいです。

DSC_5631

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

DSC_5634

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

DSC_5637

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

それにしても、巨大なホテルです。

DSC_5638

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

車が止まっています。

どこまでがホテルの敷地なんでしょうか。

DSC_5639

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

DSC_5652

Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD

塗装がぶよぶよになっています。

場所:栃木県日光市鬼怒川
撮影:Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD


Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク