[ゲカ]ハドソン/PCE-CD:No・Ri・Ko

imge0266
新ゲームカタログ/PCエンジンCD用ソフト 11

PCエンジンCD-ROM2SYSTEM

ハドソン

No-Ri-Ko

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はハドソンのNoRiKoです。
PCエンジンのCD-ROMROM用ソフトです。

マルチメディア時代前夜の作品ではありますが、
色々と、当時としては画期的な作品だったようです。


<PCエンジン本体
・<10 マイトアンドマジック| 12>

imge0266

極めて時代を感じますね。
NoRiKo。
写真、ソフトフィルターを使ったと思われるのですが、
なんか画質が悪いっす。
感度の高いフィルムを使ったのか、
ソフトフィルターに起因しない画質の悪さ。
よく見ると、襟元にデジタルデータっぽい画像の劣化があるし、
そこら辺の技術がまだ成熟してなかったのでしょうかね。

imge0267

パッケージの裏がCD-ROM2の説明。
そうです、
これ、CD-ROM2のローンチタイトルだったのです。
2本のうちの1本・・・

imge0268 imge0269 imge0270 imge0271 imge0272

ソフトデータ

ハード PCエンジン(CD)
メーカー ハドソン
アルファシステム
ソフィックス
シフカ
発売日 1988年12月04日
価格 4900円
型番 HCD8001
移植・元ネタ
ジャンル アドベンチャー
備考

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 330円
プレイ状態 クリア済
難易度 2
入手難易度 4
面白さ 4
おすすめ度 3
クオリティ 5
サウンド 7
操作性 3
熱中度 3
移植度

世界初のCD-ROMソフトであり、
世界初のCD-ROMに生歌の入ったソフトでもあります。
音楽CDとしてではないですが。確かに、タイトル画面でフルコーラスで歌が流れます。小川範子氏のボイスが流れり、
実写だったりと、
なかなか先進的な作品でございますが、
選択肢を誤ると一発でゲームオーバーというシビアさでございます。
しかも、ゲームオーバーになるとリセットコマンドを使わなければならないという悲しさも。基本的にセリフは飛ばせず、
音声はもちろん、音声なしの文章も文字送りが遅かったり、
セーブという概念はないので
テンポはあまりよろしくありません。実写ですが、
当時の水準なので画質は荒くいです。
演出は意外と頑張っている気はしますが、
ライブシーンは二昔前のスクリーンセーバーのような感じだったりしますし、
肝心の音質はあまりよろしくありません。
まぁ、初期のCD-ROMROMですし、仕方がないですがね。

そして、自分のPCエンジンが老朽化しているのか、
それとも、仕様なのか、
ボイスがよく飛びますねw

ストーリーはややご都合主義であり、
デートが楽しめるという点。
そして、プレイ時間は30分程度と、

完全にファン向けソフトでございます。

そんな感じで、
最後までプレイしてしまったので、
そのうちプレイルームで取り扱います。

20131103-211230_417 20131103-211249_530
オープニングから歌が流れる仕様。
こりゃ、すごいぜ
20131103-211807_353
名前。
なんでこんな微妙な・・・
でも、フォントがなかなかかわいい
20131103-211813_521
なんとなく、
この名前にしました。
20131103-211828_355
定期を拾ったところから物語は始まります。
20131103-211836_316
谷本重美という人の定期を届けたら、
小川範子という人から手紙が来る。
ちなみに、全部読み上げてくれます。
こりゃ、すごいぜ
20131103-211848_356
コンサート。
ああ、お休みがない仕事してるんで、
行けないっす。
20131103-211852_135
ええー!
なぜ、こんなゲームオーバーなのでしょうか。
ちなみに、この画面は、もうリセット以外抜ける方法がないのです。
20131103-211855_029

執筆日:2013/11/3

中古PCエンジンCDソフトNo-Ri-Ko小川範子
駿河屋へ

スポンサーリンク