[ゲハ]SCE プレイステーション SCPH-5500

プレイステーション
DSC_7837
ソニー・コンピュータエンタテインメント

PlayStation
SCPH-5500

プレステが猛烈に売れ出した頃に発売された型番でございます。
一時期は、どこに言っても見ることが出来たプレステでございますが、
時代も時代なので、だいぶ動く個体も減ってきたように思えますね。


 

DSC_7837

簡単な概要です。
ソニーコンピュータエンタテインメント、PlayStation(SCPH-5500)は1996年11月に発売されたゲーム機です。
当時の販売価格は19800円ぐらいです。
初代プレステは言わずもがな、1994年12月に発売され、
日本国内では1750万台売り上げた化物ハードでございます。
一番売れたソフトがドラクエVIIというのはなんとも意外でございます。

皆様ご存知のスペックを記載していきます。
CPUは R3000Aベースの32ビットRISCプロセッサ
周波数は33.8688Mhz
150万ポリゴン/秒の演算能力
メインメモリは2MB(EDO RAM)
VRAMに1MB
ドライブは倍速のCD-ROMドライブ

当時としては割と驚異的なスペックではありましたが、
構成としてはセガサターンと比べてシンプルでございました。

自分が最初に購入したプレステはSCPH-7000であり、
かなり後期に購入しました。
SCPH-5500は前機種と比べて大きく違う点は、
現在でもお馴染みのAV出力がマルチアウト接続になったり、
基板構成が変更され、ちょっと高速化しているという事でございます。

その次の機種のSCPH-7000は付属コントローラーがデュアルショックになったり、
CD読み込みが高速化されたりしているのですね。

こちらの機種の後期は、
FFVIIが発売され、その需要で爆発的にヒットしたモデルでもあります。

DSC_7840
プレステは全部故障して処分してしまったので、
久しぶりに姿を見て懐かしんでいます。

DSC_7841
こうしないと動かない個体も続出しましたね。

DSC_7842 DSC_7843
当時、画期的だったのはメモリーカードスロットですね。
中々認識しなくなるのですが。

DSC_7844 DSC_7845
シンプルになった背面

DSC_7846
何に使うのか最後までわからなかったパラレルI/O

DSC_7847


Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント