{メ}イーサプライズ/TOY DIGITAL CAMERA/ESTODGCR(WH)

imge1154
デジカメレビュー
イーサプライズ/クロスワン

トイデジタルカメラ
ESTODGCR(WH)

トイデジは一時のブームは収束しましたが、
まだまだ人気がありますね。
今回紹介するのはイーサプライズのものでございます。
よく目にするデザインの機種でございますね。


imge1154

イーサプライズといえばかつては「東京ニーズ」という名で親しまれたメーカーでございまして、
その後、「オプティマ」に社名変更。現在はイーサプライズとして活動しておりますね。
それはおいといて、
名前はシンプルトイデジタルカメラ。
この機種は名前を変えて様々なメーカーから発売されているモデルでございます。説明を見るに、なかなかおもしろそうです。

TOY DIGITAL CAMERA/ESTODGCR(WH)は、
2010年代に発売された200万画素のデジタルカメラです
購入価格は200円ぐらいです。


スペック
・センサーサイズは不明、多分CMOSセンサー搭載
・有効画素数200万画素
・レンズは3.2mm F2.8
・マクロは30cm
・液晶モニタは無し
・オートフォーカスはなし
・メディアはMivtroSDHC対応です。
・駆動はリチウムイオン電池・動画性能は740×480/30fps/AVI形式でございます。

相当割り切った性能ではございますが、
この手のトイデジでもMicroSDと200万画素のセンサーが載るようになったのですね。

imge1155


・デザイン・メカ・インターフェイス

P2060133

ペンタブを用意したことで、
なんとなく一眼レフデザインにはなっていますが、
ペンタックスのAUTO 110を薄くしたような感じといえばそうなのかもしれません。
構造がものすごく単純だからか、
ものすごく軽いです。

レンズ部が出っ張っているのはお約束でございますが、
マグネットがつけられたり、
USBコネクタが本体についていてそのままカードリーダーとして使用できるなど、
なかなか多機能なモデルでございます。
これが200円なんて、安すぎますね。

P2060134

背面。
液晶ディスプレイなんて絶対ないとは思っていましたが、
残量表示用の液晶すらないという潔さでございます。

P2060135

ボタンは電源と撮影の2つだけ。
この2つだけでどうやって動画と静止画を仕分けるのだろう。
というのは、パッケージの裏に記載されています。

P2060136 P2060137 P2060139 P2060140 P2060141

なかなか良く出来てると思いますけどね

P2060144 P2060145

Glasslensということは、
一応ガラスレンズを使用しているということですね。
画質はいいのでしょうか?


・機能・仕様

説明書をよく見ても、
撮影の仕方がよくわからない機種でございました。
電源をONにして、撮影ボタンを長押ししてLEDが点灯すれば静止画撮影、
更に長押しして点滅すれば動画撮影。
という感じなのですが、
実際、静止画撮影をして撮れたはずなのにとれていないことが多々ありますね。
更に、静止画のつもりが動画になっていることもしばしば。
これはこれで面白いのですが、
もう少し、撮影したらBEEP音がなるなどの配慮があっても良かったのかもしれません。
背面液晶が無いわけですし・・・

そして、光学ファインダーがついていないので、
どこを撮影しているのか。
というのも完全に目分量になります。

シャッターボタンを押してから実際に記録されるまでに1〜2秒のラグがあるようで、
しっかり撮らないと変なところが写ります。
そして、ブレブレになります。、
これが面白いところではありますが・・・w


・画質・撮影
●画質
画質はかなり悪く、
ピントが合っている合っていない以前の問題ですね。
かなりのっぺりしており、
200万画素というよりかは、30万画素をかなり引き伸ばしたという感じでしょうか。
ディティールは完全に失われ、
絵画調というか、それ以前の問題といった感じです。
それはそれで面白いところではありますけどね。
反対に、動画は意外と使えます。
盛大に歪みますが、マイクは割りと健闘しているという感じですね。
●作例
PICT0001 PICT0002 PICT0003 PICT0004 PICT0008 PICT0011 PICT0012 PICT0014 PICT0015 PICT0016 PICT0017 PICT0018 PICT0019 PICT0000

動画
その他の写真はこちらにございます

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク