[ゲカ]セガ/DC:シーマン 〜禁断のペット〜

imgc648
新ゲームカタログ/DC 3
セガ・エンタープライゼス/ビバリウム

禁断のペット
シーマン
ガゼー博士の実験室

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はSEGA・VIVARIUMのSEAMANです。
ドリームキャストのソフトです。

かつて一世を風靡したシーマンが、
早くもサラネに登場です。


・<ドリームキャスト本体
・<2 トゥームレイダー|4スペースチャンネル5>

imgc648
シーマン。
それは、未来を感じる作品でございました。
このソフトが出る7ヶ月前にピカチュウげんきでちゅうが登場し、
なんとなく二番煎じ感はあったものの、
今で言う「キモかわいい」キャラが、ムカつくセリフを吐くというCMが話題になり、
当時、様々なメディアで取り上げられたと思われます。
ちなみにこのソフト、マイク付きで50円でした。
・・・え

imgc649 imgc650 imgc651 imgc652 imgc653
imgc654

マニュアルの手の込み方が凄い。

imgc655 imgc656 imgc657 imgc658 imgc659 imgc660

imgc662
imgc661? imgc663

ソフトデータ

ハード ドリームキャスト
メーカー セガ・エンタープライゼス
ビバリウム
デジトイズ
発売日 1999年07月29日
価格 6,800円
型番 T-39401M
移植・元ネタ
ジャンル 育成シミュレーション
ビジュアルメモリ 64ブロック
備考 ビジュアルメモリ対応
ぷるぷるぱっく対応マイクデバイス対応
VGA対応

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 50円
プレイ状態 プレイ済
難易度 8
入手難易度 4
面白さ 6
おすすめ度 7
クオリティ 7
サウンド 5
操作性 3
熱中度 6
移植度
ウワサのシーマン。
序盤はずーっとナレーションなのですが、
このワクワク感がいいですね。
たまごっちのように割と長期戦が求められ、
気持ち悪いあのシーマンになるまではかなり時間がかかります。
音声認識初期の作品なので、
認識率はあまり良くないのですが、
面倒くさい点は非常にペットを飼育しているという気になります。
あれ?どうやって孵化させるんだっけ?
エアレーションやヒーターなど、
中々細かいところがいじれるわけですが、
操作性があまり良くないということがちょっと残念な作品でもあります。20131005-215117_951 20131005-215128_445 20131005-215132_753 20131005-215137_055 20131005-215235_196 20131005-215236_796
始めるまで、大変です。20131005-215254_723 20131005-215258_420
さてさて、
シーマンの説明が始まりました。
ナレーションが流れているのですが、
これがまた、わくわくするのです。20131005-215314_943 20131005-215317_435 20131005-215324_647 20131005-215326_448
と、
いきなりこの画面に。20131005-215335_251 20131005-215338_859 20131005-215340_461 20131005-215347_268
うん?
どういうこと?
シーマンは?20131005-215400_779
と、色々と数値をいじれるのね。20131005-215408_879 20131005-215434_409 20131005-215437_008 20131005-215454_419
エアーが100%で空気が澄みました。
水作エイトでも入っているのでしょうか。

20131005-215515_834 20131005-215516_739 20131005-215544_472
やっと卵を投げ入れられました。

20131005-215555_373 20131005-215604_495
後は、ドリームキャストの時計を進めて・・・と・

20131005-215628_605
そうすると、
エアーやヒーターの能力が落ちていますので、上げますが・・・

20131005-215652_226
あれ?孵化しないぞ?
2日放置してるのに・・・
20131005-215700_436



中古ドリームキャストソフトSEAMAN[通常版]
駿河屋へ

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク

『[ゲカ]セガ/DC:シーマン 〜禁断のペット〜』へのコメント

  1. 名前:マイケル村田 投稿日:2014/01/13(月) 15:21:27 ID:decdd1da0

    1999年12月、ソニックアドベンチャーやバーチャーファイター3、セガラリー2、シーマンを超え、ゲーム史に残る程の名作ゲームが登場…。その名も…「シェンムー 一章 横須賀」である。海外の「グランドセフトオートシリーズ」の原型となるSEGA-AM2が総力を結集した、3Dアクションアドベンチャーゲームである。開発費は70億円という無茶な予選を注ぎ込んで開発。総監督は鈴木裕、建築設計士、ハリウッド、スタジオジブリ等の人材も起用、日本コカ・コーラ、サッポロ・ビールの商品も登場する。 その後、20億円の開発費を注ぎ込んだ本作の続編「シェンムーII」も開発・発売され、「アニメーション神戸作品賞」、「文化庁メディア芸術祭 インタラクティブ部門優秀賞」等と数多くの賞を受賞し、海外の有名な映画監督スティーブン・スピルバーグも高く評価している。

  2. 名前:さらもで 投稿日:2014/01/15(水) 22:44:16 ID:dd7424ea6

    シェンムーはかなりやり込みましたね。
    70億円の半分ぐらいはサターン版につぎ込まれているようですが、
    確かに、当時としては驚異的な作品でございました。
    まだ第二章には手を出していませんが、
    完結したらプレイしたいところです。