[経]A列車で行こう7製品情報

この記事は、経営シム.comにて2007年10月30日に掲載されたものです。
記載のない限り構成や記事等は掲載当時の状態となります。ご了承ください。


A列車で行こう7
製品情報


ジャンル :経営シミュレーション
分類   :街開発型
メーカー :ARTDINK
スペック スペック参照
発売   :2005年07月29日
価格   :12000円(withトレインコンストラクション)
購入価格:9800円


Sara@的データ Powered by sara-net
プレイ状態 :プレイ済み
難易度   :易ー難
面白さ   :★★★★★
クオリティ :★★★★
サウンド  :★★★★
操作性   :★★★
熱中度   :★★★★★
オススメ度 :★★★★
国産経営シムではおそらく最も有名なソフトかと思われますので、説明は不要かと思われますが、A列車で行こう7です。
5以降方向性が変わっていたのですが、実質4のリメイク版ということで大いに期待しておりました。
実際、発売されたからあまりのバグの多さに閉口しましたが、とりあえず今は大体のバグが解消されてかなり満足のいく作品かと。
ただ、ゲームオーバーが存在しないという致命的な仕様がありますが、そこは縛りプレイで補えるでしょう。

スペック



メーカーサイト
メーカーサイトが存在するうちはリンクを張るだけに致します。
まぁ、ぜんぶ書いたところで全て消えてしまったのでこういう手抜きにさせて頂いておりますが。
特筆しておくことは、相性がかなりきついです。
動いた報告よりも「動かなかった」報告の方が多いです。
ちなみに、僕の環境では
AthlonXP 1700+ /GeforceMX440 128MB
でプレイしたところ、
XPでは正常に動いたのに2000では文字化けしてまともにプレイ出来なかったということがありました。
というか、一応スペックは満たしている物のグラボが古すぎて重くてプレイどころではなかったんですけどねw
ちなみに、公式ベンチマークでは強制終了してましたw

スポンサーリンク