{メ}FUJIFILM/CLIP-IT DS-10S

P5122912
デジカメレビュー
富士写真フイルム

CLIP-IT DS-10S

フジフイルムといえばデジカメの先駆者的メーカーでございますが、
富士フイルムのデジタルカメラの累計50万台記念として発売されたモデルのようですね。
なお、これの大基であるDS-10は割りと昔に一度紹介しております。


P5122912

平成9年。つまり、1997年。
その翌年にアップル社の初代iMacが発売されるのですが、
共通しているのはスケルトンボディ。
丁度その頃、世界的にスケルトンボディが大ヒットした時代でございます。
当然、デジタルカメラも例に漏れず、
この数年間、割りとスケルトンボディのデジタルカメラが世に出ているのです。

そして、当然中身はDS-10と同じなのです。

ということで、
富士フイルム DS-10Sは、
1997年9月に発売された35万画素のデジタルカメラです。
3000台限定モデルのようです。

スペック

・CCDセンサーを搭載
(原色フィルター)
・有効画素数35万画素
・映像エンジンは記載なし
・液晶は情報表示用のモノクロ液晶のみ
・パンフォーカス
・レンズは35mm換算38mmの単焦点レンズ
・F値はF3.1/8
・マクロ0.8m
・ISO感度は150相当
・メディアはスマートメディア(5V,3.3V対応)です。
(8MBまで対応)
・駆動は単三電池2本を使用します。
・動画は撮れません。
・手ぶれ補正なし

センサーサイズはわかりませんが、
30万画素機としては普通の性能でございます。


・デザイン・メカ・インターフェイス

P5122912

デザインはなかなかかっこいいわけですが、
一応、DS-10でだいたい紹介してしまっているわけで、
おもちゃっぽさは拭えませんが、
なかなか奇抜なデザインでございます。
スケルトンになったことで、
電池や配線が丸見えなわけですが、
それはそれでメカメカしくて面白いですね。
何故青になったのかはわかりませんが、
よく似合っています。

付属品にシールが付属しており、
カスタマイズすることも可能だったようですが、
そのコンセプトを今持ってきても面白いかもしれません。
P5122914 P5122915
背面
操作は非常にシンプル
P5122916 P5122917
日本製でございます。
P5122921 P5122922
本当に簡易的な設計と思いきや、
端子がついていたりと、
意外と機械っぽい
P5122923 P5122924
パカッ
P5122925 P5122926 P5122927
単三電池が2本入ります。
P5122928
DS-10SのSとは、
CLIP-IT SPECIAL EDITIONのスペシャルのSなのね
P5122929
TV-FUJINON
この頃はまだ家庭用ビデオカメラを製造していたのでしょうか。
ちなみに、富士フイルムのレンズはテレビ放送やムービー業界ではトップシェアを誇っているのですね。
P5122930? P5122934
パカッ


・機能・仕様

起動はわりとゆったりめでございます。
詳しくはDS-10の項をご覧いただければですが、
割りとよく考えられている設計でございますね。
Beep音で教えてくれる仕様なのですが、
レスポンスもそんなに悪く無いですね。

このような仕様なのでバッテリーも割りと持ちますが、
しっかりとれているのかは不安です。
そこらへんは、フィルムカメラの時代のようなワクワク感を体感できますね。

P5122931 P5122932


・画質・撮影
●画質

当時の水準としてはなかなかですが、
今の水準ではかなりキツイですね。
解像感はあまりなく、
一昔前のビデオカメラのキャプチャー画面のようになっています。
細かいところはギザギザになってしまっている部分はありますが、
意外とよく映るという感じでしょうか。
逆光、フレアは盛大に出ますし、
ラチチュードも狭く、
モアレも出ますが、ファインダーを覗いた時と実際の画像との食い違いがすくなく、
お散歩カメラに最適でございますね。

DSC00002 DSC00003 DSC00004 DSC00006 DSC00009 DSC00011 DSC00012 DSC00016 DSC00017 DSC00019

その他の写真はこちらにございます

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

スポンサーリンク