{メ}Finepix 1200

P1020161.JPG
FUJIFILM Finepix 1200
以前紹介した同社のCLIP-IT 80にそっくりなデジカメです。

FUJIFILM Finepix 1200は、1999年11月に発売された130万画素のデジタルカメラです。
購入価格は980円。
当時の価格は49,800円前後だそうです。

CLIP-IT 80の翌年に出たモデルということで、
実は後継機という感じですね。
フジのパンフォーカスはなかなか使い易いので、
この機種がどうなのかが気になります。

・カタログスペック
1/2.7型の131万画素CCD素子で原色フィルタ。
レンズは単焦点で、F4.5で焦点距離は38mmです。
レンズが大変暗く、
CLIP-IT 80よりも暗くなってますねw(F4.2)
レンズは一応フジノンレンズですし、パンフォーカスなので問題はなさそうです。

液晶は1.6型カラー液晶、マクロは10cm、メディアはスマートメディア(3.3V)、駆動は単三乾電池4本です。
液晶はTFTではないらしいですがあるだけマシですねw
パンフォーカスの割りにはマクロに強く、
スマメも128MBまで対応しているなど、なかなか心強いです。

機能としては、
あんまりついてないですね。
デジタルズーム、セルフタイマーぐらいはついていますが、そのぐらいです。

CLIP-IT 80のように、画像編集が強いということもなく、
必要最低限というところですね。

・購入時の状態
付属品:本体のみ
状態 :レンズに傷
機能 :良好
台数 :1台

P1020162.JPG
P1020163.JPG
P1020164.JPG
P1020165.JPG
P1020166.JPG
P1020167.JPG
P1020168.JPG
P1020169.JPG
P1020170.JPG
P1020171.JPG
P1020172.JPG

・デザイン・メカ・インターフェイス
まぁ、筐体自体は
CLIP-IT 80と同じなわけですが、
なんでしょう、デジカメレビューを1年弱続けてみると、
このサイズでもだいぶコンパクトに思えるようになってしまいましたw
まぁ厚ぼったくて薄らでかい筐体ですけどね。

まず、デザインはどうにかならなかったのかという感じですよね。
特にレンズ周り、無駄に出っ張ってるし。
それがなければ悪くはない筐体ですけどね。

筐体の面積が大きい分、
背面のボタンなどは結構余裕のある配置ですが、
この頃のFinepixはみんなこの配置なので馴染み深いです。
EXEボタン、素直にOKボタンとか決定ボタンにしろよって感じですw

結構安っぽい作りですが、
作ってあるところはしっかりしているので好感が持てます。

・機能・仕様

起動が6秒ぐらいと遅いです。
挙動は結構キビキビしてますし、
メニューインターフェイス自体も割りと使いやすいのでなかなかですね。
しかし、メニューは英語表記で、日本語に設定出きないのが残念。
といっても、だいたいわかりますけどねw
不満点は、オートモードでは問題がないのですが、
Mモードだと、撮影した後、EXEボタンを押さないと記録されないということ。
Finepixで意外とある仕様なのですが、勝手に保存して欲しいです。
この世代の割りには撮影後の記録時間が短いのが幸いですけどね。

電池の持ちは非常にいいのですが、
液晶が外では全く見えません。
当時のデジカメの定番ですねw

・画質・撮影
●画質
パンフォーカスカメラということですが、
なかなかしっかりした画質です。
また、パンフォーカスでありながらマクロにも強く、
全く悪くないです。

幸い、レンズに影響はありませんが、
条件によっては彩度の低い写真を連発する事があります。
それもまた味ですよね。

画像
「拡大・元データ表示は無圧縮です」
4405700955_135c6eb2bb.jpg
拡大・元データ

4399811493_d59763efe1.jpg
拡大・元データ
夜景テスト

4405701613_b0f605e285.jpg
拡大・元パンフォーカスマクロって意外とムズカシイですが、
この機種に限っては結構簡単です。

4406464542_3f98152b08.jpg
拡大・元データ
マクロポートレート
露出オーバーなのは意図的です。

その他の写真はこちらにございます。

評価
評価基準は私、さらもでの主観と個人的な思い入れで決定しております。
よって、上記内容と共に全くアテにならないこと請け合いで御座います。
画質などに関しては画素数に関係なく、「現在でも通用するか」を基準に採点しております。
(10段階、100点満点)
デザイン :02/10:見た目・質感・安っぽさは減点
仕様 :03/10:マクロ、画素数、レンズ、液晶など
機能 :04/10:必須機能や便利、面白い機能
挙動 :03/10:起動の速さ、動作の速さ等のレスポンス
使いやすさ :04/10:主に操作性
AF・露出精度 :06/10:AFは正確か、
画質 :05/10:文字通り
輝き度 :04/10:ありきたりではなく、尖った何かがあるか
価値 :06/10:レア度、今でも買う価値はあるか等
お気に入り度 :07/10:今後も使い続けたいかなど
合計:44/100
サラネ式デジカメ採点システムテーブルa ver1.00

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント