{メ}ILFORD/SUCFL HP5 PLUS 135-24+3/レンズ付モノクロフィルム

フィルムカメラレビュー
イルフォード

SUCFL HP5 PLUS 135-24+3
(SUCHP5PLUS27)

レンズ付きフィルムというジャンルに関しては、
現在コダックが撤退して実質写ルンですの世界でございますが、
こちらは、イルフォードのちょっと変わったレンズ付きフィルムでございます。


文字通り、モノクロフィルムの入ったレンズ付きフィルムでございますね。
これは普通のD76現像の出来るHP5(フツーのモノクロフィルム)タイプでございますが、
もう一種類、カラー現像(C41)が出来るモデルもあります。
そちらも、そのうち紹介しますね。

ILFORD SUCFL HP5 PLUS 135-24+3は、
2013年09月に発売されたレンズ付きフィルムです
メーカー希望小売価格は1660円
モノクロフィルムが入っていると考えればそれなりの価格でございます。

スペック

・使用フィルムは35mmモノクロフィルム(ISO400)
(ILFORD HP5 PLUS 400)
・フォーカスはパンフォーカス
・レンズは不明
・F値は不明
・1群1枚
・最短撮影距離は1m
謎が多い仕様ではございますが、
他のレンズ付きフィルムと大差はない仕様でございます。
ただ、モノクロフィルムがついているという目新しさでございますね。

・デザイン・メカ・インターフェイス

ドイツ製だけあって、
デザインはいいですね。
スケルトンボディ何もポイントでございます。
質感は割りといいですが、
フラッシュボタンが押しづらく、
初見の方は結構迷ってしまいそうな気がします。

それ以外は、
比較的平均的なデザインでございます。

イルフォードの代理店である、
サイバーグラフィックスの当該サイトを見る限り、
現像液の指定があったことから、
写真屋さんではなく、自家現像も認められているみたいですね。

そういうことで、
解体しやすい機構になっているのでしょうか。 

色々とむき出しの部分もあり、
かっこいいです。 

押しづらいストロボのボタン  


・画質・撮影
●画質
写ルンですと比べるとやや望遠よりの設計になっております。
写りに関しては、
予想以上にゆるいですね。
少しクラシカルな感じに撮れるのがまた面白く、
モノクロフィルムということも相まって、
非常に面白い写真が撮れました。
又、スキャニングはお店でデータ化しております。(フロンティアSP3000)
 

執筆日:2017/05/14
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村<

スポンサーリンク