{メ}Nikon/AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G/Fマウント

pa070094

デジカメレビュー
ニコン

AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G
ニコンFマウント

ニコンUという超エントリーな一眼レフに付いているキットレンズでございます。
はてさて、その性能はいかに。

※今シリーズの内容は個人的な見解でございます。

Nikon AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6Gは、
2001年03月に発売されたニコンFマウント用のレンズです。
メーカー希望小売価格は25,000円前後でございます。

最終的には1万円前後で販売されていた、
超格安レンズだったようですね。
確かに、非常に安っぽい感じでございますし。
ちなみに、初のGレンズでございます。


・カタログスペック

■仕様 vl1.1
焦点距離 28-80mm
35mm換算値 42-120mm相当
開放F値 F3.3-5.6
絞り羽根数 7枚(円形絞り)
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率 0.29倍
レンズ構成 6群6枚
フィルター経 28
フルサイズ対応
超音波モーター x
手ぶれ補正 x
防塵防滴設計 x
フルタイムマニュアル x
開放F値が微妙に明るいですが、
レンズの枚数も少なく、
なかなか面白そうなレンズでございます。

・デザイン・メカ・インターフェイス

pa070095
非常に安っぽいというか、
えげつないレンズでございます。
高級感のかけらもなく、
レンズが入っていないんじゃないかと思うぐらい軽い。
195gですしね。
最近の画質を求める重たいレンズや質感を求めている風潮からすると、
真逆の立ち位置にあるレンズと言えます。
オールプラスチックです。
pa070096 pa070097
書いてあるものは書いてあります。 pa070098
タイランド製。
この頃からタイニコンってあったんですね。 pa070099 pa070100 pa070101 pa070102
超プラスチックでございます。 pa070103
gレンズですが、
モーターは内蔵しておりません。 pa070104 pa070105 pa070106 pa070107
pa070069
こんなセットです。

・画質・撮影

AFはモーターを内蔵しておりませんので、
割りと大きめの音がしますし、
そんなにAFは速くはないですね。

とにかく、軽いのは絶大で、
D800との組み合わせでも非常に楽です。
なお、プラスチックということとあまりにも軽いので、
シャッターを切るとミラーショックでレンズも振動します。
写りには影響がなさそうですが、
ちょっと怖いですね。

写りに関しては全く期待をしておりませんでしたが、
意外にも、しっかり解像します。
D800との組み合わせでも物足りなさはなく、
かなり意外でございました。
開放では周辺がやや甘くなりますが、
格安のレンズとは思えない仕上がりでございますね。

なんというか、
レンズの良し悪しってなんだろうと思ってしまいました。

画像

作例はNikon D800の組み合わせで行っています。

Nikon D800 ああ、ついにこの時が来てしまいました。 ずっと愛用していたD700が壊れてきたのを騙し騙し使っていたものの、 ついに耐え切れなくなってしまったのです。

dsc_2997 dsc_2998 dsc_3011 dsc_3012 dsc_3019 dsc_3030 dsc_3065 dsc_3079 dsc_3082


スポンサーリンク

『{メ}Nikon/AF Zoom Nikkor 28-80mm F3.3-5.6G/Fマウント』へのコメント

  1. 名前:yohibusi 投稿日:2016/12/22(木) 00:12:55 ID:8e3597eaf

    同時期・同クラスのミノルタAマウントDレンズ(DTではない)はマレーシア製で画質は解像してなくイマイチでした。このあたりも現在でもやけにNIKKORが高い理由ですかね… 

  2. 名前:さらもで 投稿日:2016/12/24(土) 00:35:22 ID:6ac5b96f8

    良くも悪くもニッコールは作りが良いですからね。
    ミノルタのその頃のものはかなり売れたようですが、
    最近不思議と出物が少ないのが悲しいところです。