{長レ}AQUOS PHONE Xx 302SH-今更ながらカメラで遊ぶ-その2

この記事は約2分で読めます。

長期レビュー
シャープ

Softbank
AQUOS PHONE Xx 302SH

その2

iPhoneに慣れてしまうと、
多機能なカメラアプリに戸惑ってしまいますが、
意外と近接撮影に強いということがわかります。


元記事:AQUOS PHONE Xx 302SH

[メ]シャープ/ソフトバンク/AQUOS PHONE Xx 302SH
SHARP Softbank AQUOS PHONE Xx 302SH 202Fが完全...

AQUOS PHONE Xx 302SH関連記事(このシリーズを含む)

カメラを使い始めたルーツはマクロ撮影である自分としては、
実際のお仕事でもそれを活かした事をたまにやっていたりしております。
急に涼しくなったとおもったら、
既に、銀杏が落っこちておりました。
撮影して驚き、
なかなかいいじゃないですか。
発色もいいし、背景のボケ感も悪くない。
でも、拡大してみると残念ながら、ディティールが潰れてしまっているのでございます。

ここに赴くと毎回撮影してしまうこの場所。
なお、看板によると翌月から駐車場が有料になるとのことで、
しばらく、行くことはなくなりそうです。

撮影モードが意外と豊富なので、
セピアモードで撮影してみる。
なかなか、控えめな感じでございますね。

続いて、
銀残し。
名前も銀残しでございますが、
この手のスマートフォンでその名前を見るとは思いませんでした。
意外と、こだわりがありますね。

 

そのまま銀残しで撮影。
うーん、微妙。

なお、
こちらは銀残しではなく、
普通の撮影でございます。
だいぶ曇りです。 

この手のもの写真に関しては、
しっかりとディティールがあります。
おしゃれ写真家チックでございます。

赤系が強調されているのでしょうか。
独特な雰囲気でございます。

なお、
もっと近接でいけますが、
これ以上寄ろうとするとAFが正常に動かなくなります。

 


執筆日:2018/09/11

コメント