[物]キングジム SHOT NOTE

買い物 文具・工具
この記事は約3分で読めます。


KINGJIM
SHOT NOTE

大学でもパソコンですし、
メモなんかはスマートフォンからEvernoteを使うデジタルライフをここのところずっと送っていましたが、
気になるノートが売っていたので購入してみました。




見かけは何の変哲もないオシャレなノート
価格も480円ですし、ちょっと高いかな?という程度です。
しかし、このノートは発売以来大ヒットを飛ばし一時は入手困難になるほど・・・
というお話を聞くに、只者ではないものを感じます。

現に、このデジタル時代、
手帳でもないただのノートがこんなに注目されるはず無いじゃないですか!


中を開いても何の変哲もないノートに見えます。
しかし、四隅に何か記号がありますね?

回りくどい説明はこのへんにしておいて、
このノート、実はスマートフォンを使用して、
手書きのメモを簡単にデジタル化出来る機能を持ったノートなのです!

iPhoneなりAndroidなりの端末で読取ソフト・「SHOT NOTE」を起動し、
四隅の記号が入るようにして写真を撮るだけ。
それで、その四隅の間隔を読取り自動で歪み等を修正して見やすく取り込めるのです。
上部のナンバー、日付等はOCR機能で自動的にデータ化して読み取ってくれるので便利。
このソフトからEvernoteに直接アップロードが出来るので無駄に楽しいのです。

難点としては、まずナンバー等は数字しか使用できないこと。
そして、割りと大きいサイズのノート(SHOT NOTEはこれ以外にも種類があります)のため、
読み取る時にちょっとしたコツが必要です。

そして読取アプリにも問題があり、
取り込み時にシャープネス・コントラストをかなり上げるため、
ノートに影が入ると文字が完全に消えてしまいます。
ボールペンを使ったり、角度を調整して上げる必要があるので、なれるのに多少苦労します。

まぁ、この機能を使わなければタダのノートなわけでして、
データ化出来るメリットを見いだせなければ不要なシロモノですが、
元々字が下手で文字を書くのが嫌いなためパソコンを使っている人間として、
なんかちょっと惹かれてしまったので買ってしまいました。
入力するほどでも無いものや、簡単な図、
そして紙として残る面白さ。
読み返す事を想定してきれいに字を書いてみようという挑戦も含めて、
個人的には、様々な可能性のあるノートです。
メモも三日坊主で終わらないように相棒として持ち歩いていこうと思いました。


コメント

  1. […] 今日の一枚とは、 私、さらもでが今日の出来事を毎日、1枚だけ撮影し、 SHOT NOTEに貼りつけているものです。 今回、ほぼ1ヶ月間連続で続けることが出来たので、 […]

タイトルとURLをコピーしました