{写}ハイキョ/タワーホテル新松原/静岡県伊東市/2016/04月08日

この記事は約4分で読めます。


Nikon D800+TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD
Canon EOS M+EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM

サラネフォトDeep

ハイキョ

タワーホテル新松原

紹介したようでしていなかった、
タワーホテル新松原でございます。
高台にあるホテルでございまして、
そして、タワーホテルというだけあって割と高層のホテルでございますので、
遠くからでもよく見えます。

その後、
ここを見に何回も足を運んでおりますが、
今回は、2016年時点でのお話でございます。
というのも、この数年後、
外壁の崩落が始まった影響により、
割と、壊されております。
ただ、執筆時現在、
中途半端に解体されて放置されている状態で、
その存在感は相変わらずでございます。

一応、一部下記記事に記述しております

[日]旅行まとめ:2018年04/03-04/05/鴨宮・熱海・伊東電車の旅/後編前編
LUMIX DMC-CM1 2018/04/03-2018/4/05 鴨宮・熱海・伊東電車の旅-後編前編 3回...

 

とても古めかしいホテルでございまして、
雰囲気はなかなかの昭和感。
なぜかポップな「タワーホテル新松原」の看板が
異色を放っております。
なお、ルが崩落しておりますね。

入り口の看板はそのままでございます。

ここが入り口でございます。

 

急な坂を登ると、
タワーホテル新松原に到着します。
気になるのは、
これだけの規模のホテルでありながら、
駐車場は左側の小さいスペースのみと思われるところ。
道も細いので、
観光バスが入るのも正直大変そうです。

この鳥居は神社に向かう道でございますが、
後年、通行注意の看板が貼られておりました。

あさひ銀行のロゴみたいな新松原のロゴでございます。

入り口はご覧の有様です。

もう、
だめ臭い雰囲気でございますね。

きれいな状態かとおもいましたが、
結構ガラスも割れておりますし、
だいぶ傷んでおります。

キングオブ廃墟でございますね。

 

入り口。

なお、
手元の資料によると、
るるぶの97年号、2000年号には掲載されております。
(余談ですが、2000年号には伊東園ホテルが消えております)
1泊2食付き7000円~30000円と幅広く、
駐車場は50台との記載あり。
どこか、停めるところがあったようでございますが、
やはり、規模の割には駐車場が少ないです。

セールスポイントは「伊東市展望絶景の立地」

その当時に宿泊した方のホームページが残っているのが貴重ですが、
2003年頃には既に営業していなかったようでございます。

なお、「タワーホテル」ということで、
東京タワーができたあたりに完成したような感じでございますが、
これまた手元の資料によると、
昭和36年(1961年)の旅行冊子に、
「新松原」という旅館名が記載されております。
タワー館を後に増築したのではないかという推測ができますね。

客室27室、収容人数100名、料金は1500円~3000円とのことでございます。

 

 

建物がくっついたような造形です。

冷蔵庫が外に出されておりました。

金庫も大量に外に出されております。
謎です。

 

隣にも廃墟がありましたが、
おそらく、
こちらも新松原の一部のようです。

もしかすると、
こちら側が駐車場だったのかもしれませんね。

だいぶ自然に帰っております。

相当規模の大きなホテルだったことがわかります。

格安ホテルチェーンによってリノベーションされる予定があったらしいですが、
立ち消えになりました。
実現していたら行きたかったです。

 

 

インパクトが非常に強い廃ホテルでございました。


執筆日:2019/03/12
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

コメント