カメラ>RICOH/オートハーフ

RICOH
この記事は約2分で読めます。

▶フィルムカメラ

RICOH

オートハーフ

歴史的なカメラといいますか、
ハードオフで大量においてあったカメラでございました。
一つ買っておきましたが壊れているのでオブジェです。

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

多分買ったのは10年以上前だと思う。
そもそも使い方が分からなくて放置してたけど、
使い方ところかそもそも壊れているのだけれど。

サラネくん
サラネくん

1962年発売のカメラが大量に売ってるってハードオフすげーな

パソコン
パソコン

そして持って行くところを間違っているという。

さらもで
さらもで

まぁ、壊れているんだけどね。

▶スペック

リコー オートハーフは、
1962年11月に発売されたフィルムカメラです。
購入価格は525円。
定価は12,000円ということでございます。
58年前のカメラでございますね。もうすぐ還暦。

使用フィルム35mm(ハーフ)
レンズ25mm F2.8
レンズ構成3群4枚
絞り2.8
最短撮影距離2.5m
シャッタースピード1/125(AE)
1/30(フラッシュ)
電池
AF
自動巻き上げ
パノラマx

今からすると単純なカメラとも言えます。
ゼンマイ仕掛けのカメラでございます。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

表面にはセレン光式の露出計が入っております。
リコーのロゴが古くてなんとも素敵でございます。
金属製なので割とずっしりときますし、
高級感があります。
手のひらサイズでございます。
シンクロ接点がついております。
ハーフカメラなので三脚穴がこんなところに。
背面はこんな感じ。
すっきり。
蓋を開ける時はここを引き下げてポッチを押します。
所見殺しでございますね。
そして、
こんなところにMade in Japan
時代を感じる感度
Wというところが巻き上げですが、
動きません。
モルトがもう絶望的なほどなくなっております。

▶使ってみて(撮影)

ゼンマイが切れているみたいなので使用できませんが、
機械としてなかなか、面白いですね。
動かなくても素敵なデザインなのでオブジェとしてもいいですね。

商品情報
購入場所埼玉県
価格525円
購入年2009年頃

 

執筆日:2020/02/24

コメント

タイトルとURLをコピーしました