[ゲカ]アスキー/SFC:RPGツクール2

この記事は約4分で読めます。

 

img353
新ゲームカタログ/スーパーファミコン用ソフト 65
ASCII/空想科学/サクセス

RPGツクール2

このコーナーは、
主にコンシューマーゲームのソフトを紹介していきます。

今回はアスキーのRPGツクール2です。
スーパーファミコンのソフトです。
コンシューマー機のツクール最高傑作と名高い作品です。


<スーパーファミコン本体
関連作品:アスキーツクールシリーズ
旧ゲームビュー(2004/12/30)
・< 64 弟切草|66>

img353

当時、スーパーダンテ→RPGツクール3と進んでいったので、
2に触れるようになったのはだいぶ後だったりします。
この大きな箱、いいですよね。

img355 img357
有名なお話なのですが、
このカセットのスーパーファミコンロゴ、
配色が間違っているのです。
具体的にはAボタンとBボタンの色が入れ替わっていますね。

img359 img368
ターボファイルツイン

img369 img370
ソフコム、懐かしいです。

img371 img372 img373 img374
Aコンなんてありましたね。
自分も応募したことがあります。

ソフトデータ

ハード スーパーファミコン
メーカー アスキー
空想科学
サクセス
発売日 1996年01月31日
価格 12,800円
型番 SHVC-ZR2J-JPN
移植・元ネタ
ジャンル システム・ツール
備考 バックアップカートリッジ
ターボファイル対応
サテラビュー対応
拡張チップ衛星対応カートリッジ・3本足)
拡張カートリッジ8Mメモリー

個人的評価:10段階(1:低・易)(10:高・難)

購入価格 200円
プレイ状態 プレイ済
難易度 6
入手難易度 4
面白さ 6
おすすめ度 7
クオリティ 7
サウンド 6
操作性 4
熱中度 6
移植度

RPGツクールスーパーダンテの改良版と言うよりも、
完全に別物の作品になっているといっても過言ではない作品です。
スーパーダンテの攻略本でこの作品の制作を示唆する内容のものがあったので、
割と早期から開発が始まっていたようですね。

メモリの容量も増え、キャラクターも大きくなったり、
イベント内容もだいぶ増えたり、
何より、マップチップの仕様が大きく変わったので、
だいぶ自由度の高いRPGが作れるようになりました。

また、衛星放送サテラビュー対応により、
当時素材などが配信されたり、
メモリーパックやターボファイルツインなどの周辺機器に対応しているため、
つくっているデータが消えるというリスクも軽減されていますね。
ターボファイル自体はスーパーダンテにも対応してましたが。

また、音楽ツクールかなでーるで作ったデータを使用することが可能なので、
だいぶ凝ったものが作れそうでございます。

細かいバグが多かったり、
まだまだ発展途上な部分が多いですが、
上記の通り、コンシューマー機のRPGツクールシリーズ最高傑作という呼び名も高いゲームです。

執筆時に気づいたのですが、
サンプルゲームって桃栗たき子氏の作品だったんですね。

20130320-155415_517 20130320-155433_061 20130320-155443_397 20130320-155453_037 20130320-155456_773
だいぶ壮大なOPと共にツクール2です。
発売は96年。
この半年後にはNINTENDO64が発売されている時期でございます。

20130320-155504_754 20130320-155512_597 20130320-155733_209 20130320-155736_972
メニュー画面はこんな感じ。

20130320-155739_854 20130320-155741_993
文字入力。
若干取っ付きづらいですが、
なれるとそうでもありません。

20130320-155749_465
スーパーダンテと3の間の子みたいなUIです。

20130320-155806_241 20130320-155812_057 20130320-155816_940 20130320-155824_361 20130320-155828_874 20130320-155852_513
パーツの選択画面。

20130320-160246_470 20130320-160252_199 20130320-160304_389
ツクール2で画期的なのは、
素材切替ができること

20130320-160309_986 20130320-160315_786
非常に汎用性の高い機能です。

20130320-160332_362 20130320-160334_327 20130320-160337_853 20130320-160345_423 20130320-160351_333 20130320-160406_790
漢字は少ないですが、しょうがないですね。
20130320-160425_618 20130320-160444_455 20130320-160453_472 20130320-160511_554
ウワサのサンプルゲーム。

20130320-160526_918 20130320-160543_213 20130320-160608_024 20130320-160609_574
猫に話しかけるとセーブができます。
何故かセーブデータが残っていました。

20130320-160618_117 20130320-160637_680 20130320-160642_463 20130320-160659_264 20130320-160707_023 20130320-160709_624 20130320-160713_840


中古スーパーファミコンソフトRPGツクール 2 (RPG) (箱説なし)
駿河屋へ

コメント

  1. yohibusi より:

    自分では手を出した事は無いのですが、何だか厨二な技などが目に浮かぶような… 
     
    ここらへんで手を出した層が話題のNintendo Developer Portalにいくのですかね。わかりません。

  2. さらもで より:

    まぁ、黒歴史量産ソフトともいえますが、
    画期的なソフトでしたね。
    ツクール自体はかなり簡易的なもので、
    例えればブログサービスでブログを書くのと、
    そもそもブログのシステムを1から構築するぐらい差がありそうですね。

    面白そうなサービスですが、
    そういう路線は昔からあるものの、あまり成功した試しがないですねぇ