{メ}KYOCERA/LYNX 90 PANORAMA

この記事は約3分で読めます。

フィルムカメラレビュー
KYOCERA

LYNX 90

京セラのハイテク機でございます。
フィルムカメラのある意味絶頂期と言っても過言ではない時代のモデルでございますね。


わざわざ京セラ機を定価で購入したことがある自分としては、
京セラが大好きなのでございます。
フィルムカメラ、京セラ機は一体どれぐらいあるんだろう。
ってぐらいよく見かけますね。

KYOCERA LYNX 90は、
1994年04月に発売されたコンパクトカメラです
メーカー希望小売価格は48,000円
購入価格は270円です。
非常にお買い得なカメラでございましたが、
当時は5万円近くしたんですね。
だいぶお高いです。

スペック

・使用フィルムは35mmフィルム
・フォーカスはオートフォーカス
・レンズは38-90mmの2倍ズームレンズ。
・F値はF4-9
・7群8枚
・最短撮影距離は0.5m(90mm時)
・駆動はCR123Aを1本使用します。
F値はやや暗めですが、
マクロ機能もついておりますし、
更には、現在主流である透過型液晶を使用したルーシッドファインダーを搭載しているなど、
当時としてはなかなかハイテク機でございます。

・デザイン・メカ・インターフェイス

筐体はプラスチックでございますが、
持ってみると意外とずっしりとしております。
なかなか、お金がかかっている感じですね。
握った時にシャッターボタンが指の先に来なかったりと、
あまり操作はしませんが背面のボタン類はちょっと押しづらいですが、
特に不満はない機種でございます。

何気にパノラマ撮影機能が付いており、
うっかりパノラマモードにしていても、
ファインダーを覗くとパノラマの画角にマスキングしてくれたりするので、
わかりやすいですね。

京セラズームレンズ 

誇らしげなルーシッドファインダー

LYNX90  

ズームレバーは近代的 

組み立ては香港
製造は日本。
シリアル番号は7426
意外と若いです。 

電池はCR123Aが1個 

背面。
1987年になってますけど、
このカメラ、94年発売じゃなかったっけ? 

パノラマ切り替えはこちら 

ズームするとここまで伸びます。 


 

・画質・撮影
●画質
色乗りがいいレンズで、
なかなか面白いですね。
ただ、周辺光量落ちが大きかったり、
逆光に結構弱いレンズでございますので、
レンズ自体、ちょっと無理をしている感が否めません。
接写に非常に強く、
マクロモードがなかなか、面白いですね。
気軽に撮影するのはいいですね。
撮影はフジカラー SUPERIA X-TRA 400で行っております。
又、スキャニングはお店でデータ化しております。(フロンティアSP3000)

執筆日:2017/02/26

にほんブログ村<

コメント