デジタルカメラ>Kenko/DSC50N

Kenko
この記事は約3分で読めます。

▶デジタルカメラ

ケンコー

DSC50N

ケンコーのデジカメはトイデジ率が高いです。
当然と言えば当然なのですが、
これはどんなカメラなのでしょうか。

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

ケンコーのデジカメはゆるくて好きでございます。
ちなみに、ほぼカラーだと思うけど、
コダックのDC3800にくりそつです。

サラネくん
サラネくん

ケンコーは商社でもあるから、
どこかのものを引っ張ってきてるだけだと思うけどな。
でも、Cマウントカメラは正直ちょっと期待してた。

さらもで
さらもで

そんなこともあったねぇ。

▶スペック

Kenko DSC50Nは、
2007年10月に登場した500万画素のコンパクトデジタルカメラです。
購入価格は300円。
情報が妙に少ないカメラでございます。

本体仕様/TCP1.03a
センサー1/2.5型CMOS
画素数517画素
有効:503万画素
映像エンジン
液晶2.4型TFT液晶
フォーカスパンフォーカス
ISO感度100-400
レンズ仕様
レンズ銘OPTICAL LENS
焦点距離7.1mm
35mm換算35mm
絞りF3.2
ズーム倍率単焦点
最短撮影距離20cm
手ぶれ補正
基本仕様
使用メディアSDカード
使用電源単3電池2本
動画撮影
動画性能640×480/30fps
ファイル形式MPEG4
音声記録
顔認識x
Wi-Fix
GPSx
防水x
防塵x
備考

トイデジなスペックでございます。
果たして、ちゃんと写るのでしょうか。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

プラスチック筐体ですが、
意外と高級感があります。
レンズ周りにトイデジカメ感を感じますが、
造りはさほど悪くないですね。
電池室の蓋のバネの勢いがよく、
後期のデジカメらしさを感じます。
電池を入れても非常に軽く、
素敵でございます。

ケンコーの銘は入っておりません。
シリアル番号は特殊です。
剥き出しのUSB MiniB端子とトイデジではおなじみのマクロ切り替えスイッチ
レイアウトは普通でございます。
活きのいいバネです。

▶機能・仕様

起動は6秒程度とすこし長めでございます。
ピピッという安っぽい電子音と共に、
怪しげな日本語フォントがいかにも海外製っぽさを醸し出しております。
UIは分かりづらく、
そしてモッサリとしておりますが、
露出補正は下ボタンで一発アクセス出来ますし、
押すだけと考えればさほど問題はないです。
電池の持ちは普通で、
液晶は屋外でも一応見えます。
ただし不鮮明ではございますが。

なお、500万画素のカメラですが、
1200万画素記録のモードまで備わっております。

▶使ってみて

この手のカメラ共通の仕様として、
シャッターを押したらしばらく静止しないと撮れません。
もし動いてしまうとゆがんでしまったり、
動かした後の写真が撮れてしまいます。
ビビッドモードで撮ると天気がいい日は驚くほどきれいに撮れます。
シャープネスが高いというのもありますが、
1200万画素モードにしても意外と見れてしまうほど、レンズの性能がいいようです。
この手のカメラでよくある太陽に向けると黒点が出る現象もなく、
フレアも許容範囲で意外といいレンズのようでございますね。
甘く見ていたらいい意味で裏切られました。

■まとめ

  • 気持ちの良い彩度のとシャープな画質
  • 小型軽量
  • 起動音がショボい
  • フォントが怪しい
商品情報
購入場所インターネット
価格300円
購入年

2020年

 

執筆日:2020/03/16

コメント

タイトルとURLをコピーしました