{メ}Xi-30

この記事は約3分で読めます。

YSN Xi-30
Y・S・N Xi-30
日本のトイデジ界を支えるYSNのトイデジですが、
どうも以前紹介しましたZ30との違いが分かりません。
型番は違うのですが、謎です。

Y・S・N Xi-30は、発売日不明の30万画素のデジタルカメラです。
購入価格は1050円。
取引価格は980円で見かけますが、
中古なのに明らかに高い値段で購入しておりますw
いいのです、YSNデジカメはレパートリーは多いのですが入手が難しいので、
値段などなきに等しいわけです。
見かけたら買う。それがYSN系デジカメを買う鉄則でございます。
・カタログスペック
30万画素CMOS素子。
レンズは単焦点で、絞り、焦点距離は不明なパンフォーカスカメラです。
レンズは無名ですが、YSN製デジカメにしても情報が少ないです。液晶は無し、マクロ切り替えは無し(最短撮影距離不明、メディアは内蔵メモリ(容量不明・SDRAM)及び、駆動は単四乾電池2本です。
最短撮影距離どころか内蔵メモリの容量すら書いてないわけです。
最高画質で5枚しか撮れないという表記ですが、5枚ってすくなくね?
謎だらけです。

機能としては、
セルフタイマー、連写撮影、動画撮影、PCカメラ、Webカメラ等です。

・購入時の状態
付属品:全部あり
状態 :良好
機能 :良好
台数 :1台

YSN Xi-30
YSN Xi-30
YSN Xi-30

・デザイン・メカ・インターフェイス
Z30の色違い以外の違いが無いですね。
寸分違わぬデザインでございます。
ただ、個体差なのかもしれませんがモードボタンが格段に押しやすくなっておりまして、
ボタンによる不満点はなくなりましたね。
軽く非常に安っぽいですが、
光学ファインダがレンズの真上についている点などを含め、意外と考えられた設計をしているのかな?
とも思えますが、所詮はオモチャでございます。

・機能・仕様
起動は2秒程度、
ソコソコの速さを見せていますが、動作は非常に不安定です。
画面いっぱいに数字が出てきて0から数えだすタイプですが、
何故か文字が点滅しておりまして、シャッターボタンを押しても撮れたり撮れなかったり。
また、シャッターボタンを押して数値が加算されるのに撮影出来てなかったりします。
今回も。22枚撮影したのに12枚しか撮影出来てませんでした。
そういう動作の不安定さも醍醐味ではありますがねw

・画質・撮影

●画質
画質は個性的というか、
ピントが甘く画質が他のYSN系よりも甘いです。
これはこれで個性的ですねw
よりぶっ飛んだトイデジらしさが味わえる一台ですので、いい買い物をしました。

画像
「画像は無圧縮です」
Photo002

Photo003

Photo004

Photo010
カメラを振るとこんな感じになります。

その他の写真はこちらにございます。

評価
評価基準は私、さらもでの主観と個人的な思い入れで決定しております。
よって、上記内容と共に全くアテにならないこと請け合いで御座います。
画質などに関しては画素数に関係なく、「現在でも通用するか」を基準に採点しております。
(10段階、100点満点)
デザイン :03/10:見た目・質感・安っぽさは減点
仕様 :03/10:マクロ、画素数、レンズ、液晶など
機能 :02/10:必須機能や便利、面白い機能
挙動 :02/10:起動の速さ、動作の速さ等のレスポンス
使いやすさ :02/10:主に操作性
AF・露出精度 :02/10:AFは正確か、
画質 :02/10:文字通り
輝き度 :05/10:ありきたりではなく、尖った何かがあるか
価値 :05/10:レア度、今でも買う価値はあるか等
お気に入り度 :05/10:今後も使い続けたいかなど
合計:31/100
サラネ式デジカメ採点システムテーブルa ver1.00

Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント