カメラ>MINOLTA/MAC-TELE QUARTZ DATE

MINOLTA
この記事は約3分で読めます。

▶フィルムカメラ

ミノルタ

MAC-TELE QUARTZ DATE

大きな筐体でプラスチックの外装。
いわゆるプラカメというやつでございますが、
ズームレンズならぬ2焦点レンズのカメラでございます。

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

押し入れをガサゴソしてたら出てきたカメラ。
おそらく、ハードオフで拾ったんだと思われます。

サラネくん
サラネくん

乱雑に扱ったものって意外とカビないよな。

これもスゴくきれいだぞ。

パソコン
パソコン

幸いフィルムはたんまりある・・・

使うべし!つかうべし!

さらもで
さらもで

ということで、撮影をすることになりました。

いつも通りの展開ですが、
幸いフィルムも沢山あるので難なく撮影が出来たと言うことです。

▶スペック

MINOLTA MAC-TELE QUATEZ DATEは、
1988年06月に発売されたフィルムカメラです。
購入価格は525円。
定価は47,800円ということでございます。
この金額を高いとみるか安いとみるかは自由でございます。

使用フィルム35mm
レンズMINOLTA LENS 38・80mm/F2.8・5.6
レンズ構成38mm:4群4枚
80mm:6群7枚
絞り2.8/5.6
最短撮影距離0.7m
シャッタースピード1/8-1/400
電池2CR5
AF
自動巻き上げ
パノラマx

ズームレンズではなく、2つのレンズを搭載しているというカメラでございます。
αショック後のイケイケのミノルタが作っただけあって相当売れているようです。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

フィルムカメラとしてはちょっと大きめでございますね。
ただ、これで2つのレンズが入っていると考えると小さいとは思います。
グリップは握りやすいです。
驚くのは、レンズセレクトというボタンがある以外はクオーツデートと押すだけでございます。
究極にシンプルなカメラでございますね。
そしてストラップが直付け(ネジがついているので外せそうだけど)という強引さも素敵です。

分厚いプラスチックを使っているのでがっちりとしております。
デザインもかわいらしく、カメラって感じですね。
なお、MAC-TELE 80と表記されている例もありますが、
多分同じ機種だと思います。
レンズバリアを開けると電源が入ります。
ここまでは静かです。
ポップアップストロボもかわいらしい。
なお、レンズセレクトを押すと自動的にポップアップします。
一応考えられておりますね。
マクロ。
当時のマクロなので今とは勝手が違います。
フィルムカウンタも当然ついております。

▶使ってみて(撮影)

基本特に何が出来るカメラでもないですが、
モーター音がとてもやかましいです。
レンズセレクトをしたときもそうですし、
全体的にギャーギャー言っております。
静かなところだと使いづらいですが、愛嬌でしょう。

▶使ってみて(写り)

思ったよりもちゃんと写りました。
広角、望遠ともに解像力が高いです。
発色は控えめといったところでしょうか。
逆光にはとても弱いですが、
カメラとしては非常にクオリティが高いと思います。
個人的にはなかなか、好きですね。

商品情報
購入場所埼玉県
価格525円
購入年2009年

 

執筆日:2020年2月18日

コメント

タイトルとURLをコピーしました