デジタルカメラ>RICOH/GR III

RICOH
この記事は約5分で読めます。

▶デジタルカメラ

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

GRも代を重ねてどんどん進化しております。
正直、IIIに関しては手ぶれ補正が入ったり、タッチパネルが入ったりと、
GRの血筋として進化しすぎ感なところはありますな。

サラネくん
サラネくん

手ぶれ補正に関してはGR Digital IVも入ってたけどな。

さらもで
さらもで

でも、このサイズでAPS-Cっていいよね。

画素数もアップ、手ぶれ補正も入った。タッチパネルかつ、
何故か内蔵メモリが2GBに増強されたり、ゴミ取り機能が付いたりと、
ハイテク化されております。それで小さい。

▶スペック

RICOH GR IIIは、
2019年03月に登場した2400万画素のコンパクトデジタルカメラです。
オープン価格で実勢価格は12万円前後。
もはや、説明不要のデジタルカメラでございます。

本体仕様/TCP1.03a
センサーAPS-CサイズCMOSセンサー
原色フィルタ (ローパスフィルタレス)
画素数2424万画素
映像エンジンGR ENGINE 6
液晶3型TFT液晶
103.7万画素タッチパネル対応
フォーカスAF(像面位相差・コントラスト検出方式ハイブリッド)
ISO感度100-102400
レンズ仕様
レンズ銘GR LENS
焦点距離18.3mm
35mm換算28mm
絞りF2.8
ズーム倍率単焦点
最短撮影距離6cm
手ぶれ補正
基本仕様
使用メディアSDXCカード
使用電源DB-110
動画撮影
動画性能1920×1080
ファイル形式MOV
音声記録
顔認識
Wi-Fi
GPSx
防水x
防塵x
備考

USB TypeC対応など、
近代的な仕様になっております。
4K対応していないのはきっと、あえてでございますね。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

GRシリーズは筐体がだいたい同じぐらいなので、
その辺りの目新しさはありません。
が、このサイズで大型APS-Cセンサーかつ、キレッキレのレンズが入っていると考えれば驚異的ですね。
しかも手ぶれ補正まで入っているわけですから・・・
持ちやすく、撮りやすい。
極限まで削ったボディでございますので、
つかっていて気持がいいですね。

▶機能・仕様

起動は2秒以内と高速でございます。
UIに関しては申し分ないですね。現在のカメラですから。
GRというよりも、リコーのカメラ伝統のUIでございまして、
使い慣れているとサクサクと操作ができます。
液晶はとても綺麗で、タッチパネルもサクサクでかなり実用的です。
電源を切ると本日何枚撮影したかというのが表示されるのがリコーらしくて面白いです。
28mmの単焦点でございますが、
クロップする機能が付いていたり、ちょっと懐かしのシャッターボタンを全押しで特定位置のフォーカスでシャッターが切れるフルプレススナップ機能が付いていたりしますが、
必要のない機能をポンポン削れるのもいいですね。
ファインダーは構造上付けられませんが、
別売りの光学ファインダーが入らないぐらい液晶は見えますし、
ファインダーを覗きたくならないデザインになっておりますので、
ついつい本体を目に押しつけようとすることもないです。

また、何故かオリンパスのTG-5のバッテリーと共用ですので助かりますが、
謎の共通点として、前面にコンバージョンアダプタを接続出来、
しかも電子接点が付いているのでワンドコンバージョンレンズなどを使用した場合、
EXIFにデータが入ります。
こういうのっていいですよね。

▶使ってみて

正直、写りの良さに驚きました。
ヌケがよく、周辺までカリッカリで最近のカメラなのでAFも露出も完全に正確。
何より、撮っていて非常に楽しいのでございます。
手ぶれ補正もリコーのカメラと思えないぐらい強力でございまして、
安心感が半端ないです。
バッテリーの持ちはそれなりではございますが、
高感度も強く、
もう、これ1台でいいんじゃないかという気になってしまいますね。

驚いたのが、
マクロ域がかなり使えること。
今時珍しい無限遠にならないマクロ機能ですが、
それ故にかなりビシッとAFが決ります。
しかも大型センサー機と思えないぐらい近づける上に、かなり実用的です。

■まとめ

  • コンパクトで大型センサー
  • 快適レスポンス
  • 画質がキレッキレ
  • 使っていて楽しい
  • 他のカメラを持ち歩かなくなってしまった
商品情報
購入場所:秋葉原
価格 :90800円
購入年:2020年
執筆日:2020/11/03

コメント

タイトルとURLをコピーしました