スポンサーリンク

銀座カリー

スポンサーリンク
レトルト・即席・缶詰
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク


 銀座カリー

 別に珍しいわけでもないし新しいわけでもない。
ちょっと人気商品の部類で定着してるのかな?的な商品ですが・・・
 なぜサラネでレビューすることになるのか
 という疑問が出てきます。
いやー・・・ 
 その後何かあるということにしてください
 一応カレー好きな僕ですがこれを食べるのは実は初めてという信じられない事実が発覚してしまいましたが・・・
とりあえずパッケージでも見てみましょうか
  まず

 元祖洋食ですが
 まずカレーはインドの食べ物のはずです。
 なぜ洋食との表記になっているのか
更に
 カレーが洋食の元祖じゃないだろ
と突っ込みを入れたくなります。
 下手すれば誇大広告なのですが、なぜ洋食かというのには実は理由がありまして、
カレーは幕末か明治初期かにイギリスから伝わってまして、日本では割と最近までカレー=洋食という方程式が成り立っておりました。
 ちなみにカレー粉はイギリスで発明されたものだという事実はありますがそれはこの話とは全く関係がない事ですのでこのぐらいにしておきましょう。
 で、洋食についての謎は解けましたが

元祖洋食はいまだに謎のままです

 ついでに逆側も見てみますが・・・

 銀座風味
  ハイカラということなのでしょうか?
 そこは一応銀座カリーなので多めに見ておきましょう。
 で、裏にいってみますと、このカレーにまつわる小話が載っているのですが・・

 古文はこりごりです
  厳密には古文というよりも旧仮名使いなのかもしれませんが
ここまできてとりあえず銀座風味はハイカラということがわかりました。
 そして、その下を見てみると・・・・

 復刻版でした
 まぁ復刻版というのも一時ほどではありませんが人気のある部類です。
昔食べた懐かしい味、そしてその懐かしさからまた逆に新鮮味を感じる。
 まさに温故知新というメーカーの策略ですが・・・

 昭和初期って古すぎだろ
 7?80年前のものを復刻するのもどうかと思いますが、まぁこれはこれでいいのかもしれません。
では、中をあけて見ます。

 中までこんなことに・・・
 ちなみに裏側にはお品書きみたいなのが書いてありましたが、懐かしさを通り越して非常に新鮮ですね。
 
 ただもっと現代語訳して書いてほしかったですが
 早速作ってみますと・・・

 割と古典的なカレーが出てきましたが・・・
 早速いただいてみます。
・・・・
 懐かしい
いや、まだ人生18年と半分しか生きていない人ですが、これはすごく懐かしい・・・
 てかこの懐かしさは
まさしく子供用カレー
あの星の王子様カレーとかそんなテイストのあれです。
 ただ、辛さや甘さがうまく分離して、かなり高級感あふれるいいカレーに仕上がっております。
さすがここまで生き残っているカレーだけあります。


メーカー :明治製菓
点数   :★★★☆
原産国  :日本
編集後記:なるほど、確かに銀座風味です。ということにしておきます。
       非常にまろやかなカレーですよ。

No tags for this post.

コメント

タイトルとURLをコピーしました