[メ]YONGNUO/WJ-60/マクロLEDリングライト

ストロボ・光源
この記事は約2分で読めます。

 

imge0877

YONGNUO
マクロLEDリングライト
WJ-60

 

最近、中国系の写真機材メーカーがアツいですね。
今回は、最近急成長していると思われる
YONGNUO製のマクロリングライトのご紹介です。


imge0877

[warning]※今シリーズの内容は個人的な見解でございます。[/warning]

YONGNUO/WJ-60は、
2012年頃に発売されたLEDリングライトです。
実勢価格は5000円ぐらいです。

60球のLEDリングライトでございまして、
マクロリングライトとしてはなかなか高性能でございます。
58mmと67mmのアダプターリングが付属しておりますので、
それ以外の口径に関してはステップアップリングを駆使して使用します。

特徴としては、
単4電池3本という微妙な電源で駆動するわけですが、
一般的なLEDライトとは違い、
電池ボックスが本体内に付いているので、
ホットシューを埋めないというところでしょうか。
これにより、アクセサリーシューに何かを付けることも出来ますし、
MIシューやシューを搭載していないデジカメなどでも使用できます。

発光に関しても、
片側だけの発光も出来ますし、
光量の調節など、割りと多機能に出来ますね。

 

imge0878

読めないっす

一応、5500K、
450lumという事がわかります。
ほぼ太陽光ですね。

imge0879

単4電池は抜かれていました。

P1170429 P1170431 P1170432 P1170433 P1170434 P1170435 P1170436

このように、
インテリジェントシュー(ミノルタシュー)でも安心です。

P1170437 P1170439 P1170443 P1170444 P1170445 P1170446 P1170447 P1170448

こんな感じに発光します。

P1170424 P1170425 P1170428

操作部はこんな感じ。
割りと、ブランド違いでよく見かけるタイプでございます。

使用感としては、
LEDも明るいし、
なかなか使いやすいですね。
ただし、当然LEDライトですので、
屋外撮影にはまったくもって向きません。
日が陰ってきたり、
薄暗いところでは効果を発揮しますが、
日中、晴天下では全く意味がないのはしかたがないところでございます。

いろいろな撮影ができそうな感じです。

メーカー :YONGNUO
価格   :4980円
購入場所 :秋葉原

 




Web拍手-匿名のご意見、ご感想はこちらへ-

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました