{メ}小学館/小学一年生とくせい ヨッシーパノラマカメラ

この記事は約4分で読めます。

フィルムカメラレビュー
小学館

小学一年生とくせい
ヨッシーパノラマカメラ

ある意味、すごいカメラを発見してしまいました。
小学一年生とヨッシーという最大のヒントがありながら、
全く素性のわからないカメラでございます。


小学館 小学一年生とくせい ヨッシーパノラマカメラは、
詳細不明のコンパクトカメラでございます。
購入価格は240円。
小学一年生読者だった自分でございますが、
その頃も確か、マリオとコラボしておりました。
マリオとドラえもんの腕時計というのが確か景品だったと思いますが、
小学1年生でコンパクトカメラというのは、
割と背伸びをしたアイテムだったのだろうと思います。
応募者プレゼントではなく、
確か、通信販売形式だったと記憶しております。
ヨッシーという渋いチョイス。
そもそも、コンパクトカメラということを察するに、
年代としては間違いなく90年代。
ここからは推測になりますが、
ヨッシーのイラスト自体が95年発売のヨッシーアイランドよりも古めということ。
ヨッシーというキャラクターが主役の作品が出てきた頃でございますので、
ヨッシーのクッキーとかヨッシーのたまご辺りの時代の製品っぽいですね。
年代でいうと、92年~93年あたりでしょうか。
そして、
ネットで少ない情報を探っていると、
驚くべきことに、デザイン違いのヨッシーパノラマカメラの存在も確認しました。
外箱はほぼ同じで、
「小学一年生」の文字がないモノでございますので、
意外と人気があったようですね。
ということで、
ヨッシーというところにすごく惹かれておりますが、
それ以上にこのカメラがパノラマ専用機なのでございます。
すごく、渋いですが昔流行りましたね。

スペック

・使用フィルムは35mmフィルム
・パンフォーカス

・レンズは不明(デザイン違いの機種によると、25mm)
・最短撮影距離は不明
・DXコード非対応

・シャッタースピードは不明

・電池使用せず。
情報皆無のカメラでございます。

・デザイン・メカ・インターフェイス

総プラスチックのプラカメラでございますが、
意外とプラスチックの質感がよく、
さすが、90年代初頭のプラスチック製品という感じでございます。
そのためか状態が極めていいです。

レンズの開閉機構がついている以外は非常にシンプルなカメラでございまして、
横長になっているファインダーなど、
意外と芸が細かいカメラでございます。

そんなカメラでございますが、
フィルム室のレバーがゆるく、
ロックが掛かっているのかわからないぐらいのゆるさなのと、
巻き上げレバーがいかにも折れそうな感じでございます。
ちょっと、お子様向けとしては怖い仕様でもありますが、
デジタルを知らない世代としては慣れっこなのでしょうかね。

 

ちょっと懐かしいタイプのヨッシー。

商品名が目立つシリーズ。 

レイアウトはシンプルです。 

巻き戻しレバーはちょっと華奢です。 

子供向けカメラなのに、
思いっきし英語で説明が書いてあります。   パノラマな感じでございます。

 


 

・画質・撮影
●画質
驚くべきことに、
悪くないです。
もちろん、パノラマと言っても上下が切られるエセパノラマなわけですが、
意外とシャープに写ります。
周辺画質は悪くないです。
2~3mぐらい離れた被写体であれば、
かなりシャープに写りますので、
なかなか意外でございました。
時折ハレーションが起こるのが気になりますが、
色乗りも悪くなく、
個人的にはお気に入りのカメラでございます。

コメント