デジタルカメラ>Konica/Revio C2

KONICA/MINOLTA
この記事は約4分で読めます。

▶デジタルカメラ

コニカ

Revio C2

2000年初頭のデジカメ業界は、
エントリークラスをきっちりとデジカメに仕上げるメーカーと、
トイデジクラスまで落とし込むメーカーがありました。
コニカはトイデジクラスを多く出すメーカーでございましたね。
ちなみに、壊れております。

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

あれ?これ紹介してなかったっけ?
と思ったらe-miniDだった

サラネくん
サラネくん

当時のコニカはそういうところあるよな。
なお世界最小500万画素光学3倍デジカメのKD-500Zと同時発売だ。
落差が激しすぎるだろ。

パソコン
パソコン

・・・私はすでに生まれております。

さらもで
さらもで

一応、このカメラも世界最軽量70gの122万画素デジカメです。

トイデジトイデジと言っておりますが、
液晶もついておりますし、以外と高級機です。

▶スペック

Konica Revio C2は、
2002年10月に発売された122万画素のコンパクトデジカメです。
当時の販売価格は2万円前後
購入価格は320円でございます。
こうしてみるとなかなか 高額でございますが、
当時の一つのジャンルであった、トイデジカメの上の「小型軽量メガピクセルデジカメ」という部類に位置付いております

本体仕様/TCP1.03a
センサー1/3.4型CMOSセンサー
画素数122万画素
映像エンジン
液晶1.6型透過型D-TFD液晶
フォーカスパンフォーカス
ISO感度124
レンズ仕様
レンズ銘KONICA LENS
焦点距離4.5mm
35mm換算37mm
絞りF2.8
ズーム倍率単焦点
最短撮影距離30cm
手ぶれ補正x
基本仕様
使用メディア内蔵メモリ(14MB)
使用電源単四電池x2
動画撮影
動画性能320×240 10秒
コーデック方式AVI/Motion JPEG
音声記録
顔認識x
Wi-Fix
GPSx
防水x
防塵x
備考

スペック的にはトイカメラの水準でございますが、
まだカメラ付き携帯電話が100万画素に到達していなかった時代なので一定の需要はありました。
私自身も購入を検討しておりましたから。
そして、サラネに写真が導入されていきます。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

とってもきれいな状態でございます。
新品同様といった感じでございますね。
シール貼られております。
確かに軽量でございますが、
コニカブランドということで安っぽさをあまり感じません。
レンズバリアを閉じた状態がRevioのデザインになるので、
こだわりを感じます。

その分レンズはとても小さく、
カメラ付き携帯電話になれた世代からするとそこが安っぽく感じてしまいますが、
当時は立派なデジカメでございました。
インターフェイスは最低限でございますが、
必要十分でございますね。
とてもかわいらしいカメラです。

1.2M
こだわりを感じます。
マクロスイッチはこちら。
USBはMiniB。
つなぐとリムーバブルディスクとして認識するので汎用性があります。
もう世にWindowsXP登場している頃なので汎用ドライバでございますね。
技術的にか価格的難しかったのでしょうが、
SDカード対応になっていればこの機種はもっと売れたはず。
そのあたりが残念でなりません。
中国製
電池は単四電池を2本使用します。
あれ?
起動するじゃん?
もちろん2020年に対応しております。

このカメラ、
起動しまして、日時設定をするのですが、
ストロボチャージに入ると電源が落ちます。
ストロボが死んでいるのか、それともセンサーがだめになっているのかわかりませんが、
残念な状態です。
その代わり、パソコンにつなぐとリムーバブルディスクとして認識しまして、
前の持ち主の方の写真が取り込めてしまいましたが、
どうも、買ってから3回程度しか使わなかったようでございます。
悲しいです。

商品情報
購入場所埼玉県
価格320円
購入年

2013年

 

執筆日:2020/01/30

コメント

タイトルとURLをコピーしました