{メ}SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO/Fマウント

SIGMA
この記事は約2分で読めます。

PC183133

24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO

久しぶりに新品で購入したレンズでございます。
デジタル設計なものの設計自体は古く、
かなりマニアックではございますが、
知る人ぞ知るレンズでございます。

[warning]※今シリーズの内容は個人的な見解でございます。[/warning]

24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACROは、
2002年9月に発売されたFマウント用のレンズです。
メーカー希望小売価格は63000円ぐらいです。

もう、10年以上前のレンズになるのですね。


・カタログスペック
焦点距離は24mm。
35mm換算値で36mm相当になります。
開放F値はF1.4
絞り羽根数は9枚
最短撮影距離は0.18m
レンズ構成は9群10枚
フィルター経:77mm
最大撮影倍率は1:2.7

マクロというだけあって、
倍率は等倍ではないですが、猛烈に寄ることができます。
そして、F1.8という大口径さが、
マニアックさを演出します。


・デザイン・メカ・インターフェイス

PC183133

絞りリングが付いている辺り、
古さを感じますが、
そういったレンズながら、レンズキャップはシグマの最新のものだったのが印象的です。
フォーカス切り替えがピントリングの上下という仕様も、
当時としてはよくあるギミックでございました。

これだけピントリングが広いので、
MFもやりやすくなっていますね。
というか、マクロを名乗っているだけのことはあります。
見た目通り、
それなりの重量感があり、
大きいです。
質感はそんなに悪くないですね。

 

PC183134?PC183135 PC183136 PC183137 PC183142 PC183147 PC183148 PC183152

 

・画質・撮影

フードをつけたら最短撮影距離に到達できないほど最短撮影距離が短いというところに、
非常に新鮮さを感じます。

24mmということで全く期待していなかったボケもきれいで、
被写界深度も思ったよりも全然浅いので、
最短撮影距離付近でパンフォーカスを出すのはかなり大変でございます。

画質としては、
D800との組み合わせで撮影して見ましたが、
単焦点レンズといえども流石に設計の古さを感じます。
色収差も盛大に出ますし、
許容範囲ではあるものの、周辺光量落ちも見られますね。

ただ、シグマらしいシャープさと、
独特な発色等、
なかなか、いいのではないでしょうか。

自分は24mmという焦点距離に慣れず、
悪戦苦闘してしまいましたが、

値段もお手頃ですし、
持っていて損はないレンズだと思いますね。

・画像

作例はNikon D800との組み合わせで行っています。

 

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました