[経]A列車で行こう7:田園風景を持つ臨海都市:攻略4日目

この記事は約3分で読めます。

[warning]この記事は、経営シム.comにて2007年11月17日に掲載されたものです。
記載のない限り構成や記事等は掲載当時の状態となります。ご了承ください。
[/warning]


攻略4日目


正直、いつまで続くんだろう・・・と若干マンネリ化の4日目です。
決して信長の野望革新PKにはまってしまったワケではありません。
ということで、3日目から22年余りが経過してしまいました。
その間、ただ時間を進めただけなのですが、資材をまんべんなく運ばせたりして街はとりあえず発展を見せてます。
その効果で列車の収入も伸び、ようやく資金も貯まってきました。
ということで・・・

貸しビル建設
A7では貸しビルではなく「超高層ビル」といいますね。
正直、4の頃よりも利益でないんでそれほど意義はないのですがね。
しかも、これ利益率15%程度なんで失敗物件だったりします(30%以上で成功レベル)
あと、画面上にデパートが見えますがそれも自社物件です。
A列車シリーズではデパートは利益でますからね。
当然これも35%をたたき出しているので黒字です。

資金的にも808万ということで、そろそろ地上の開発の続きが出来そうな予感です。
ということで、構想を練ってみようと思います。

今更というか、失敗してしまったのですが、
当然、発展すると地価が上がります。
そして、そこに線路を引こうとすると当然建物を壊さなければなりません。
というわけで、地価+建物の買収費用がかさむわけですね。
この環状線の周辺は地価が凄いことになっておりますので開発するのに無茶苦茶金がかかると。
予算がたくさんあるならまだしも、財政基盤の弱いこちらではかなり厳しくなります。
それも踏まえて開発するとすれば。
1:環状線を延長する
2:環状線を縦に分断する長距離路線
3:環状線を横に分断する長距離路線
4:環状線の右に沿って直線にのばす長距離路線
5:右の発展している半島から、地下を通り環状線の下まで直線にのばす路線
といったところでしょうか。
別に新規に作っても良いのですが、こっちの方が面白いので。
この中で、一番予算のかからないのが1の方法ですね。
上部は全く発展しておりませんし、元々2車両しか走っていない路線ですので延長すればより環状線らしくなりそうです。
ただ、そうなると元々使われている上の駅はどうするか、貨物の編成をどうするかなど課題が山盛りです。

ただ、やりがいがありそうなのは2と3。
中央線ライクな感じで、わくわくです。
ただ、予算がかかるという点がなかなか踏み出せません。
金が使い切れなくなる後半にやりたいですね。
4は意外に金がかかります。
右の2つの駅は最も発展している場所で、周りは貸しビルなので、撤去費用が。
ただし、高架にして環状線の上を走らせれば予算もそこまでかからずに済みそうです。
見栄えは悪いですが。
5番は論外ですね。
利益は出ますがこの財政でやったら破産します。
ということで、今回は1の方法を選択することにします。
まず、問題の解決から・・・
元々あった線路については長距離路線として横に伸ばすことに。
貨物の編成は地下に作りたい所ですが、そこは我慢して環状線内を走らせることにします。
本当は、地下に作って資材がたまった後に地下鉄走らせるという手があるのですが、やはり破産してしまうのでw
ということで、実際の開発は次回ということで

コメント