{メ}SKILLMAN/C-800

その他
この記事は約3分で読めます。

フィルムカメラレビュー
SKILLMAN

C-800

フィルムカメラは、
一時代を築いている分、
世界中から様々な機種が存在します。
それがとてもおもしろいのでございます。


SKILLMAN C-800は、
1990年代に発売されたコンパクトカメラでございます。
購入価格は184円。
素性がよくわからないカメラでございますが、
ネットで調べてなんとなくわかったのは、
台湾製であることと、チノン商事が販売していたことぐらいでございます。
チノン商事ってのがいいですねぇ。
でも、
自分が幼少の頃ですとか、
デジカメが爆発的に普及するまでは、
やたらとこういうカメラを見かけました。

スペック

・使用フィルムは35mmフィルム
・パンフォーカス

・JAPAN LENS搭載。
(35mmF3.5)
・最短撮影距離は不明
・DXコード非対応
・シャッタースピードは不明
・単三電池2本使用
あまり情報のないカメラでございます。

・デザイン・メカ・インターフェイス

なかなか既視感のあるカメラでございまして、
ザ・コンパクトカメラという感じでございますね。
90年代発売なんじゃないかと記載しているサイトを拝見させて頂いて、
上記に90年代と記載させていただきましたが、
デザイン的には80年代っぽい感じもしますね。

見た目に反してフルオートなカメラでございます。
レンズ横にISO感度の表示がある辺りがDXコード非対応という感じでございますが、
洗練されたデザインでございますね。
大きさは普通でございまして、
重量は結構軽いです。

SKILLMAN
謎のメーカー。 

良く出来てると思うのは、
レンズバリアーが閉まっていると、
FLASHのレバーも動きません。
ISOのレバーは動きますが。

LENS JAPAN

型番はC-800 

背面はシンプル。 

だいぶサビが出ております。 

電池は単三電池2本入ります。


 

・画質・撮影
モーターの駆動音は大きめですが、
しっかりと動きます。
押すだけでフィルムの制御だけオートでやってくれるカメラですので、
非常に楽ですね。
ファインダーもこのクラスではこんなものかなという感じですし、
大好物なカメラでございます。

画質に関しては、
L判程度のサイズであれば悪くないですね。
コントラストが低めなレンズでございまして、
かなりゆるい感じに撮れます。
レンズが劣化しているからかもしれませんが。
遠景は苦手でございまして、
コーティングはされておりますが、
フレアやハレーションはわりかし派手に出ますね。
面白いカメラです。

使用フィルムはMy Heart” Fuji Color Negative 35mm Print Film ISO400,
又、スキャニングはGT-X970で行っております。
[メ]MY HEART/My Heart 35mm Color Print Film ISO400(フジカラー業務用フィルム)/フィルム
富士フイルム My Heart" 35mm Color Print Film ISO400 (フジカラー 業務用カラーフイルム 400)  インターネットで、 素性がよくわからないフィルムを購入しました。 ということで、貴重なISO400フィルムです。
{メ}EPSON GT-X970
EPSON GT-X970 GT-9500を購入以来、 自分にはCCDスキャナは不要と考えておりまして、 ここ数年はずっと複合機についてるスキャナを使用していたわけですが、 最近フィルムカメラに手を出してしまったのでこいつを購入してみました。


執筆日:2018/10/28
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村<

コメント

タイトルとURLをコピーしました