デジタルカメラ>CASIO/EXILIM EX-ZS160

CASIO
この記事は約3分で読めます。

▶デジタルカメラ

カシオ計算機

EXILIM EX-ZS160

新しい世代のエクシリムでございます。
実売1万2千円だいの廉価機種のようでございます。

▶購入の経緯

さらもで
さらもで

新しい世代のカメラ。
エクシリムは型番で序列が分からないですな。
なお、レンズエラーでしたがレンズを手で押し込んでちょっと出たあとにひねったら直ったのです。

サラネくん
サラネくん

こんなことで運を使っちゃっていいのか。
という治り方だったな。

さらもで
さらもで

それでも、レンズに傷が入ってるからちゃんとは使えないけどね

300円カメラでございます。
最近はこのあたりのカメラも安く出ているので複雑な心境です。

▶スペック

CASIO EXILIM EX-ZS160は、
2013年02月に登場した1600万画素のコンパクトデジタルカメラです。
オープン価格で当時の販売価格は12800円前後。
購入価格は300円。
CCDセンサーを搭載した廉価機種という位置づけのようでございますね。

本体仕様/TCP1.03a
センサー1/2.3型CCD
原色フィルタ
画素数1610画素
映像エンジンEXILIMエンジン
液晶2.7型TFT液晶
23.04万画素
フォーカスAF(コントラスト検出方式)
ISO感度64−1600
レンズ仕様
レンズ銘EXILIM 24mm WIDE OPTICAL
焦点距離4.24-53.0mm
35mm換算24-300mm
絞りF3-5.9
ズーム倍率12.5倍
最短撮影距離1cm
手ぶれ補正CCDシフト式
基本仕様
使用メディアSDXCカード
使用電源NP-80
動画撮影
動画性能1280×720/30fps
ファイル形式AVI
音声記録
顔認識
Wi-Fi
GPSx
防水x
防塵x
備考

もうだいぶスマートフォンに食われている時期のカメラですので、
実売1万円前後のコンデジでさえも12倍ズームを搭載しております。
さて、どのようなカメラなのでしょうか。

▶デザイン・メカ・インターフェイス

実売1万円のカメラとは思えないぐらいスタイリッシュで質感がいいですね。
故障の後遺症でレンズが半開きになっておりますが、
ほんのりずっしりとくるぐらいの重量でございます。
ちなみに実測値でバッテリー込みで177gでございます。
エクシリムロゴが大きくカシオロゴは小さめです。

背面もスタイリッシュ。
最小限です。
スタンバイ状態でこの出っ張り方です。

▶機能・仕様

起動は6秒ぐらいで少し遅いです。
立ち上がってしまえばそれほど不満はないレスポンスでございますね。
このあたりはエクシリムのUIなのでさほど迷うこともありません。
液晶は屋外でも見えますが不鮮明で、
写真もあまりきれいに見えないですね。
マクロもオートですが、
シーン認識は他のエクシリムよりもやや弱いと感じました。

▶使ってみて

廉価機種だからなのか、
それともレンズに傷が付いているからかは分かりませんが、
AFはワンテンポ遅れる感じでございます。
レンズに難があるため画質の言及は避けますが、
(中心部に傷が入っておりもやがかかったような感じでございます)
マクロ域が強いですね。
彩度は低めであり、ちょっと渋い発色でございますが、
価格の割に画質はこんなもんかなという感じです。
望遠域の撮影も楽しく、いいのではないでしょうか。

■まとめ

  • 価格の割に高級感がある。
  • 望遠域の楽しさ
  • 強力なマクロ機能
  • 起動がワンテンポ遅れる
商品情報
購入場所インターネット
価格300円
購入年

2020年

 

執筆日:2020/03/27

コメント

タイトルとURLをコピーしました