{長レ}Amkov/AMK-R2(CDR2)/第一章:エフェクトを全部試す。

この記事は約3分で読めます。

長期レビュー
Amkov

AMK-R2(CDR2)

第一章-エフェクトを全部試す。

トイデジカメということと、
最近のカメラということで、
エフェクトが豊富でございます。
ということで、せっかくなので全部使ってみましょうということで。


元記事:{メ}Amkov/AMK-R2(CDR2)

 

{メ}Amkov/AMK-R2(CDR2)
デジカメレビュー Amkov AMK-R2 (CDR2) 素性不明の謎のカメラを入手してしまいました。 ...

 

■エフェクト全集

百聞は一見にしかず。
ということで、メニューからエフェクトを選択して、
手持ちで全部試してみます。

Normal
ノーマルの時点で、
ちょっとクセのあるライティングです。

B&W

いわゆる、モノクロです。

Sepia

RED

これは、
面白いフィルターです。

Green

周辺光量落ちが目立ちます。

Blue

露出アンダーになります。

Sunset

セピアの用になりましたが、
一応、カラー情報が残っております。

Worm

ウォームというよりも、
黄色っぽいです。

Cool

自分の知っているクールとは違います。

Over Exposure

トイデジっぽい感じでいいのではないでしょうか。
個人的にはエフェクトの中でも1,2を争うぐらい好きです。 

IR

本当のIR撮影では当然なく、
赤っぽくなるという感じです。

Binary

ラフモノクローム以上に、
カッチカチのモノクロになります。

Vivid

今までのエフェクトと比べると極めてノーマルでございます。

Undertone

違いがよくわかりません。 

Dog Eye

魚眼ではなく、
犬の目。
どういうことなのでしょうか。 

Aibao

彩度が低くなったような気がしますが、
よくわかりません。

 

Gothic

ゴシック。
何故ゴシック?

Japan Style

日本をどのように感じているのかは定かではないですが、
彩度が非常に低くなりました。

LOMO

トンネル効果がいい感じでございます。
セピアよりのモノクロですね。 

Negative

おなじみのネガです。

 

■まとめ。

結構、種類が多く、
撮りごたえがありました。
一部、よくわからないエフェクトもありましたが、
きっと、場面によっては効果が出てくるのだろうと思います。
なかなか、楽しいカメラです。


執筆日:2017/12/07

コメント