サラネ>ツクールMV/制作雑記/グランドソード/03

この記事は約5分で読めます。

サラネ20周年特別企画

ツクールMV/制作雑記
-グランドソード

33にもなってツクールでゲームを完成させてしまった私さらもで。
せっかくなのでその経緯やゲーム内容などを綴るコーナーでも作ろうかなと思い立ったのでございます。
ちなみにゲームは駄作・クソゲー・凡作というところです。

この記事はかなりの「シラネーヨ」を含みます。
従来のサラネでは文章量を極限まで短くしておりますが、
長文だった頃よくご指摘を受けていたからでございます。
昔で言うところの「痛い」内容です。

この記事はおっさんの昔話が続きます。苦痛です。

作者は現在うつ病の治療中です。
正常な判断が出来ないどころかクスリでだいぶラリっています。
ああ、こいつは残念なおっさんなんだなと思って多めに、遠巻きに見てあげてください

悪夢の始まり

ツクール2000にのめり込んだ当時、
家庭内で色々あり引っ越すことになり、
今と同じくおつむに問題がある私でございますので学校では慢性的ないじめ。
はけ口はインターネットしかないという状況でございました。
サラネを20年やってきて、
その当時の記事が無いのはシステムが変わったせいではなく、
価値のない記事だからでございます。

流石にパソコンの性能的にキツイということで、
ねだり倒して買ってもらったパソコン。
iiyama MC700UDV
まだ倒産前でブイブイ言わせてた頃のイーヤマ製PC
10万を切っているのに高スペックでございました。
17インチフラットCRTは画面の歪みがひどかったですがダイヤモンドトロン。
CPUはCeleron 700Mhz、メモリ64MB、HDDはサムスン製ながら40GB、WindowsMe・・・
815Eマザーでございましたが、高性能ながらだいぶ苦労したパソコンでもございます。
WindowsMeの不安定さもさることながら、
後にアーキテクチャー的な問題もあることを知ったり。
このせいで、パソコン少年からパソコンオタクになり一時期そっちの業界で仕事をしておりました。

そんな環境でひたすらゲームを作ります。
作るゲームは新しいツクールを買ったら必ず移植しているグランドソード。
3部作だったグランドソードをギュッと1作にまとめます。
よし、いい出来だ。
もっと色々加えてみよう。
・・・ということで、3ヶ月程度でゲームが完成しました。

インターネットコンテストパーク

前述したAコンの他に、
当時のアスキーはインターネットコンテストパークというものがありました。
通称コンパク。
賞金は少ないですが、
インターネット上で毎月複数作品を掲載し、
実際にゲームをダウンロードしてプレイし、
人気投票で決めるみたいな制度だったと思います。
無料でゲームが遊べるという、
娯楽が少なかった当時のインターネットにおいてはとても画期的なもので、
ツクールユーザーで無い方も多くプレイしていたようでございますね。

Aコンを逃した私としては、
大作、グランドソードをコンパクに投稿し、
世界を狙ってやろうと・・・
本気で思っていたようでございます。


今でも覚えているのはコンパクの投稿方法。
今の時代でしたら当然アップロードなのでしょうが、
当時は郵送でございます。
応募用紙がダウンロードでき、
プリントアウトしてフロッピーディスクと一緒に送った記憶がありますね。
Aコンの悪夢もあったのでちゃんと届いているのか心配でしたが、
ある日コンパクを開いてみると、
「グランドソード」がエントリーされておりとても舞い上がりました。

そして、当時のツクール仲間のサイトにひたすら宣伝をしたのでございます。。

応募したのは2001年の5月。
受賞作にグランドソードの名前はなく、
その月の金賞は盗人講座。
ああ、懐かしい。納得です。
凄く面白いゲームでございました。

悪夢の目覚め・・・

サラネの掲示板が盛り上がりはじめました。
これはグランドソードの称賛か?
斬新な演出が評価されたのか?
・・・期待に胸をおどらせて開いた掲示板は、
かつて無いほどの罵詈雑言でございました。
「クソゲー」
「酷い、駄作」
「うんこ」「最低」
「ネットにゴミをばらまくな」

・・・
今まで和気あいあいとしたインターネットしか知らなかった私としては、
学校で受けているいじめを彷彿とさせる文字列に言葉を失いました。
「感謝のお礼の返答の作業」をするはずが、
いつしか苦情の謝罪に追われます。

当時のインターネット人口は今とは比べ物にならないぐらい少ないですが、
謝罪しても全く追いつかないぐらい掲示板が荒れます。
そうです、みんな怒っているのです。

返信に関しても、
「〜と書いてありますがこれはどういうことですか?」
など、逆に聞かれてしまう始末。
事態は大荒れの謝罪会見さながらです。

今回の騒動で2chを知り、
2chでも同様の荒れようでございました。

当然です。
クソゲーなのですから。
更に当時の回線は現在のように早くないですし高額の通信量が発生していたということを鑑みると、
今以上に厳しい時代だったのでございます。

こんなクソゲーを、
まろやかに的確に解説・アドバイスして頂いた重トシ氏に感謝しております。

鎮火とグランドソード2

人の噂も七十五日。
今で言う「炎上」を経験したサラネの掲示板も、
コンパクが6月に切り替わった頃にだいぶ落ち着きを見せてきます。
現実を突きつけられ、
井の中の蛙大海を知らずどころの騒ぎじゃない現実。
VLOOKUP覚えたてでVBAバリバリ使う現場に配属されるぐらいの恐怖。
12歳のさらもで少年にはとてもつらいものがありました。

しかし、面白半分かそれとも奇特な方なのか、
グランドソード2を望む声も次第に出てきたのでございます。
インターネットのゴミがを生み出してしまった私を見捨てないでくれている。
その声にさらもで少年は立ち上がり、
グランドソード2制作に向けて舵をきったのでございます。
次回に続く。


執筆日:2020/01/10

コメント